どんなに好きでお付き合いしていても、結婚となると話は別…こういう話を聞いたことがありませんか?恋は盲目、恋愛中は「絶対この人とじゃなきゃ!」と相手の欠点も見ずに結婚まで突っ走る人もいますが、それはあまりにも危険な話。愛がなきゃ結婚はできないけれど、愛だけでも結婚はできないものなんです。恋愛と結婚は別です。今回は「こんな男との結婚は危険!」というお話をしたいと思います。


【稼ぎがない男との結婚生活はとっても大変】

ただ楽しくお付き合いするにはお金があろうがなかろうが関係ありませんが、結婚となると話は別。やはり最低限の稼ぎがあることが条件です。今の世の中、共働きが必須と言われるくらい女性も稼ぐことが求められますよね?それは、男性一人の稼ぎで子供を産んで育てることが難しくなってきているからです。それなのに、あまりにも男性の稼ぎが低いと女性側がその分上乗せして稼がないといけないという状況に陥ります。

もし子供を持つとなった場合、出産前後の生活費をどうしますか?出産トラブルで退職しなければならなくなる可能性だってありますよ。そうなったときに、男性の稼ぎで食べていけるかどうかが分かれ道になってきます。もちろん、男性だけに頼ることは間違いではありますが現実問題女性の出産には、その後働けなくなるというリスクも含まれていますので、万が一の場合なんとか生活できるだけの稼ぎがある男でないと子供を持つことは難しいでしょう。生涯この男を養う覚悟があるわ!というのであればいいのですが、そうでないならやめた方が無難です。


【浮気癖のある男と添い遂げるには覚悟が必要】

浮気癖のある男と結婚するには覚悟が必要です。結婚したら落ち着く、子供が生まれたら変わるというのは幻想だと思ってください。変わらない男はとことん変わらない、それどころか妻の妊娠中に遊び歩く男に変身することだってあり得ます。自分だけで耐えるなら構いませんが、子供が生まれてその子供が父親の浮気に気づいたらどうしますか?教育に良いはずはありません。もしかしたら子供の心に傷を残します。浮気癖のある男と結婚するならそれ相応の覚悟が必要ということですね。


【話し合いが出来ない男との結婚はお先真っ暗】

結婚生活は意見のすり合わせの連続です。違う環境で生まれ育った者同士が一緒に暮らすのですから、お互いの妥協点を探り合いながら合わせていかないと片方だけが我慢をすることになってしまいます。そうならないためにも話し合いは重要です。一方的に自分の意見ばかりを言う、意見が通らないとふてくされる、丸め込もうとする、こういう男は要注意です。お付き合いしているときは「この人は頼りになるからいうことを聞いておけば間違いない」「この人に嫌われたくないからそれでいいや」と思えていても毎日が我慢の連続になってくるとそのうち自分の心が疲れてきてしまいます。また、こういうタイプの男性は、結婚後にモラハラを行うようになる可能性も高いため、できれば避けておいた方がいいタイプ。結婚生活はお互いが気持ちよく過ごせないと長く持ちませんので、思いやりのある男性を選んだ方がいいですよ。


【違和感のある男性は避けた方が無難】

他は問題ないんだけど、ここがちょっと引っかかる…と思ったら避けた方が無難です。特に食事のマナーや人への接し方、社会常識などでずれがあった場合はその人と自分は大きく価値観が違う可能性が高いです。なぜならそれらは、育ってきた環境で培われたものだから。育った環境があまりにも違いすぎると、お互いのすれ違いが大きすぎてことあるごとに反発してしまう可能性が大。育ちって重要でないようでいてとても重要。自分が合わせてもいいよ、という覚悟でもない限り避けた方が無難かもしれませんね。


いくら好きでも毎日顔を合わせ、力を合わせて生きていくパートナーとなると愛の形が変わってくることがあります。マンネリを感じることもあるし、もう嫌だ!となるときもあるでしょう。でも、うまくいっている夫婦はどんな時でも相手に対する尊敬と信頼は心の底にあるものです。そんな尊敬と信頼を持てない相手との結婚は幸せになれっこありません。

その辺りをよく考えて、恋人が結婚相手としてふさわしいのかを判断しましょう。と同時に、自分も同じように値踏みされていることを忘れないように!相手にふさわしい自分でいられるよう、努力することも大事ですよ。




bouquet-691862_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)