暖かくなり、様々な芽があちこちで顔を出して美しい桜がたくさん咲き始めました。春ですね!他にもいろいろな綺麗な色とりどりのお花が咲き、見ていて本当にうっとりしてしまう美しさですよね。この春から引っ越しや転職、新生活をスタートさせる人、新社会人になる人や入学など…今までと違った環境で新たなチャレンジをする人もたくさんいらっしゃることでしょう。春はなんだかワクワクしますよね!今回は昔から親しまれている4月(卯月うつき)の行事を紹介していきます。


☆1日

・エイプリルフール
元々のエイプリルフールの始まりは今もはっきりと明らかになっていないようです。せっかくなので…楽しんで面白いユーモアのある可愛らしい「ウソ」で周囲を驚かせたり、笑わせてエイプリルフールを楽しむのはいかがでしょうか!?

☆4日頃

・清明(せいめい)
3月20日ごろの春分のころから15日目経った日のことです。春の清らかな訪れを目に見て春を身体で感じ、迎えることができることでしょう。またこの頃から例年すがすがしくて明るく、ぽかぽかした本当に春らしい陽気になります。晴れの日が続いて多くなります。また草や花も芽を出して咲き始めるのもこの時期ですね!周りでは綺麗な桜の花が咲きほこり、お花見をする人たちでいっぱいになりますよね!「春らしさ」を一番感じることができる時期なのです♪嬉しいですよね。そして南の方ではつばめが渡ってくる時期でもあります。草や木、花、冬眠していた動物や虫たちが積極的に活動し始めます。

☆8日

・花まつり
花まつりは仏教の重要な行事です。お釈迦様の誕生をお祝いします。

※この時期に入学式が行われるところが多いです。新しい生活に向けてドキドキしたり、また少し不安な人もいるかもしれませんね!ですが新しい自分と向き合い、スタートさせる良い時期ではないでしょうか。心身共に緊張して疲れが出てしまわないようにしたいですね…しっかり食事で栄養を摂り、体調管理にも気を配って過ごしましょう♪

☆13日

・十三参り
主に関西(京都)に伝わる習慣です。陰暦の3月13日、現在の4月13日に数えで13歳になった男女が虚空菩薩(こくうぼさつ)にお参りします。十三参りで有名なのは京都の嵯峨野にある法輪寺です。多くの人がここを訪れ、お参りされています。

☆20日ごろ

・穀雨(こくう)
立夏までの時期です。春の雨が百穀を潤わす、「穀物を育てる雨」という意味があります。種を撒いていた田んぼや畑が春の雨でうるおいはじめる、という意味もあります。また「春の長雨」とも言われているように、しとしとと長く雨が降り続くこともあります。変わりやすい春の天気もこの頃から安定し始めます。こういったことから、昔の人たちはこの時期から田畑の準備をしていた、と言われています。

☆29日

・昭和の日
昭和の時代は天皇誕生日でした。「昭和の日」。祝日なので5月のゴールデンウィークとつなげてこの日から大型連休に入るも多いでしょう。美しい桜にチューリップ。可愛くて綺麗なお花をあちこちで見ることができますよね!4月末になるころにはきっと疲れも溜まっているころでしょうし、混雑するGWに入る前に植物園などで観賞を楽しむのも心が癒されて良いのではないでしょうか♪


いかがでしたか?春はいちご狩りへ行ったり、お弁当を持って桜を見にお花見へ出かけたり、友人たちとBBQをしたり…わくわくすることがいっぱいです!暖かくなると外へ出て美しいものをたくさん見て、おいしいものを食べて楽しむことができますね!花粉症に負けず、暖かい春の訪れを体で感じて毎日充実した日を楽しく過ごして下さいね♪


想い出ギフトに生まれた年のワイン

cherry-blossom-1243652_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)