「マタニティーマーク」についていろいろな意見があり議論されていますが、その議論の中ででてくる「つわりの時はまだお腹も出ていないからまわりに理解してもらえない」という意見。きっと男性にとっては「なに?つわりって気持ち悪いってやつ?」程度にしか言ってもらえないかもしれません。では、そのつわりにはどのような種類があっていつ頃まで続くのでしょうか。旦那さんやお義父さん、会社の上司や同僚などに聞かれてきちんと説明できるように情報を把握しておきましょう。


<その時期とは?>

つわりはそもそもいつ頃から出る症状なのでしょうか。早いと5週頃から出るといわれています。5週といってもピンと来ないかもしれませんが、生理予定日当日が4週0日となるので、生理が来ないなと思ってから1週間ほどとなります。妊活を行っていないと、まだ妊娠検査薬も試していない時期のため、今回は生理が遅れているなという程度かもしれません。特に「気持ち悪い」や「胸が張る」といった症状は生理予定日前の妊娠していない時期にも現れるので、わかりにくいかもしれません。

また、1人目と2人目ではそのつわりの出る時期にも違いがあるようです。1人目でもうつわりが始まっていたのに、2人目はまだつわりが来ない、または1人目はまだまだつわりがなかったのに、2人目はどうしてこんなに早くから?ということもあります。つわりのピークは一般的に8週頃といわれ、12週~15週頃には落ち着く人が多いようです。ただ、稀に出産直前までつわりが続いた、という人もいるようなので、みんなが安定期になればつわりが終わるのではないと、その時期については個人差もあることを忘れないでください。


<その種類とは?>

つわり、といって代表的な症状は「吐き気」でしょうか。でも、その他にもつわりの症状はたくさんあります。まずは眠気つわり、よだれつわり、食べつわり、臭いつわりなど。一言につわりといっても吐き気だけとは限りません。眠気つわりとは字の通り、昼間でも夜でもとにかく眠いという症状です。仕事中とわかっていてもついうとうとしてしまったり、昼間少し寝たのに夜も早くからもう眠いといったように眠さが症状の中心となります。よだれつわり、という症状は聞いたことがないかもしれませんが、実は結構います。とにかくよだれが多いので、タオルを持ち歩いている方も多いです。食べつわりは食べていないと気持ち悪いという症状です。この食べつわりは1度に普通の食事の量を食べると気持ち悪くなってしまうことが多く、少しずつ何回も食事を摂らなくてはいけません。

もちろん仕事中はできないので、デスクでもつまめるようなスナック―バーなどを常に携帯していないといけません。最後の臭いつわりですが、前日までなんにも感じなかった臭いに突然嫌悪感を感じるようです。例えば、家の臭いや特定の食べ物の臭い、よくある話は旦那さんの臭いです。いつもなら一緒にいて何も感じなくても、妊娠すると嗅覚が敏感になることもあり、旦那さんの臭いがダメになってしまうようです。そんなこと思いたくなくても、妊娠したことでの体の反応なので仕方ないですよね。


<攻略法とは?>

攻略法、それがあれば簡単なのですが、攻略法を見つけるのがとても難しいですよね。まず、つわりは1つだけじゃないということです。食べつわりと臭いつわり。眠気つわりと吐き気のつわり。など複数が組み合わさって症状が出ていることが普通なのです。そこで、そのつわりの症状にあわせて攻略法を探して行くことが大切です。

例えば、食べつわりの場合、なんでも食べればOKなら簡単ですが、おそらくとんかつは見るだけで吐き気がするけど、フライドポテトはOK、など、同じ油ものでもなぜか妊娠中のつわり症状の方に人気があるのがフライドポテトです。そんな油っこいものと思うのですが無性に食べたくなります。また、よく聞くのが炊き立てのご飯の臭いといいますが、ではご飯は全く食べられないかというと、冷たい巻物などは食べられたりします。温かいご飯は食べる気がしないのですが、なぜか冷たい納豆巻なら食べられる、という人もいます。

このように、その人によって「これが食べたい!これなら食べられる!」といった攻略法みたいなものが見つかってきます。他にも妊婦さんに人気の食べ物はトマトや氷、果物です。どれもさっぱりとしていますが、みんなに合うわけではないので、とりあえず一回り試してみる価値はあります。逆に吐き気のつわりだと食べることも難しい場合があります。水すらも飲んでは吐く、といった症状です。水分が摂れないと脱水症状を起こすので、すぐに病院に行くようにしましょう。といっても、水分が摂れないといった症状が出てからでは病院に行くことも難しいと思うので、必ず旦那さんに付き添ってもらうようにしましょう。

また、私の中では「見るだけつわり」と呼んでいますが、テレビで流れるお弁当のCM、できたてご飯のCMなど見てるだけで気持ち悪くなるということもあります。口にしたわけでも、臭いを嗅いだわけでもなくても気持ち悪くなります。おそらく、横で一緒にテレビを見ている旦那さんは「え?なに?」と戸惑うと思いますが、体調が落ち着いたらこういうこともあるの、と説明してあげてください。

つわりと一言にいっても、初めての妊娠となるとどのように乗り切ればいいのか、いつまで続くのか不安になりますよね。でも、その攻略法は自分にあった食べ物を見つけることです。レモン味の酸っぱいジュースを飲んでたら吐き気がおさまる、カリカリ梅があれば気持ち悪くない、氷があればいつも通り仕事できる、など得意なアイテムを見つけて常に携帯できれば、決して楽な期間ではありませんが、きっと出産後ママ友同士で「あ~私もつわりの時はカリカリ梅だった!」と話しが弾みます。まずは旦那さんの理解や協力が必須です。旦那さんにもきちんとした情報を持って話をして夫婦でうまくこの期間を乗り切りましょう。




pregnant-244662_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)