友達と遊ぶ時や、付き合っている彼とデートをする時に遅刻をしたことありませんか?もちろん、友達も彼も少しくらいの遅刻たまにありますよね。そういう時は、事前に連絡をしてしまえば何事もなかったことになると思いますが、毎回会うたびに遅刻をしてしまっているなんて人いませんか?確かに、事前に連絡をしてしまえばなんてことないかもしれませんが、正直なところ嫌われてしまう可能性がありますし、信用性も失ってしまう事に繋がりかねません。そうならないためにも、遅刻を回避するために意識するべきことを紹介したいと思います。毎回遅刻してしまっているという方は、参考にしてみてはいかがでしょうか。


◆早め早めに考えて行動する

時間に間に合わないという人によくありがちなのが、時間ギリギリに行動するということです。この電車に乗ればちょうど着くでしょと考えてギリギリの電車に乗ったりと、時間をギリギリまで使った行動は遅刻の原因になりかねません。もし、何か忘れものをしてしまっても取りに行っていたら時間に間に合わなくなるなど、時間に余裕もなくなってしまいます。なので、なるべくでも早めに行動することを頭に入れておきましょう。少し時間を余らせるくらい余裕があった方が、行動にも余裕が出来ます。いつもの行動時間を早めてみるだけで、遅刻も少なくなっていくはずですよ。


◆時計を15分ほど早めて設定しておく

アナログの時計などの設定を早めにしておくといいかもしれません。人は急いでいる時、時間を早めていることも忘れてしまう事もあります。そういう心理を利用して、時間を早めに設定しておくのもいいかもしれませんね。その時計を見ながら行動すれば自ずと、早めに行動することが出来ますよ。ただ、設定していることを意識しすぎて、15分ズレてるからまだ大丈夫などと意識すると全く意味がないので気を付けましょう。


◆早めに行く理由を作っておく

例えば、彼氏とのデートの時など早めにいっておいて彼を出迎えてみたり、先についた時に何をするか考えたりと早めに到着したときにやることを事前に考えておくといいかもしれませんね。そうなれば、自然と時間より早く到着することが出来ます。驚かせたり、出迎えたりと相手が喜びそうな事などをすると相手のことを思ってやろうとするので、やる気になるかもしれませんね。計画的に行動が出来ない人でも、やっていくうちにどんどん慣れてくるので、少しずつ行動していくといいですよ。


◆遅刻の度に罰を決める

よく有りがちなことですよね。これに関しては、やらない人も多いので実際効果があるのかどうかはその人にもよると思いますが、重い罰を友達と考えて共有して本当に実行するとなれば誰しもがやらざるを得ないでしょう。もしくは、遅刻をどれだけしなかったら友達に何かしてもらうだとか賭け事にはなりますが、そういうこうとになれば自然と遅刻も少なくなってくるでしょう。正直、これは最終手段な気もしませんが...


遅刻を頻繁にする人は、時間にルーズなわけではなくきっちりその時間の通りに動いている人に多い気がします。時間にルーズなわけではないので、遅刻癖は直るのではないかなと思います。なので、少し考え方を変えて色々と行動してみてはいいのではないでしょうか。遅刻は信用まで失ってしまう可能性もあることです。意識して、直せるうちに直しておきましょう。




watch-828848_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)