「あなたの知っている豪華客船の名前は?」と聞かれたら、多くの人が真っ先に挙げる名前が「クイーン・エリザベス」かと思います。170年以上の歴史を持つ海運会社キュナードラインはこれまでクイーン・エリザベスの名を持つ3隻の客船を輩出しています。その素晴らしいクイーン・エリザベスの魅力に迫ってみました!


◆ロイヤルコートシアターの客席

1940年に就航した初代クイーン・エリザベス。2代目と言えるクイーン・エリザベス2は、1969年に誕生し、2008年秋に引退。そして2010年10月、現代の海の女王として新造客船クイーン・エリザベス(QUEEN ELIZABETH 90900総トン)が生まれたんですね。


◆グランドロビー

この船の誕生はまさに英国民の誇りだ。イタリアの造船所で建造されたクイーン・エリザベスが母港の英国サウサンプトンに初入港する様子や、命名式典でエリザベスⅡ世女王陛下が新造船に名前を授けるゴッドマザーを務めた模様が、連日のようにBBC等でTV放映されました。キュナードラインにはクラシカルなイメージがありますが、新クイーン・エリザベスの魅力は伝統と現代性の融合を見事に実現した点といえるでしょう。キュナードラインのピーター・シャンクス社長は「客船クイーン・エリザベスはまず、キュナードヘリテージと呼ばれる当社ならではの文化的遺産と、伝統的なブリティッシュスタイルの船旅を重んじている。そしてフォーマルの似合う船であり続けたいと願っています。同時に、この船は当社で最も若い存在でもあり、現代のお客様に快適に過ごしていただける斬新さも取り入れました。ベランダ付客室が多いこと。上質なエンターテイメントを提供できること。姉妹船クイーン・ヴィクトリアにはなかったブリタニアクラブレストランの新設等々、今日的嗜好も取り入れ、楽しさの幅を広げた点が特徴です。」と語っています。


◆クイーンズルーム

クイーン・エリザベスの中枢ともいえるグランドロビーは、三層吹きぬけの美しいロビーですよね。正面には寄木で描かれた客船の大壁画が飾られ、豪華客船黄金時代にタイムトリップしたような華やかさに迎えられ旅が始まるのです。この船の名室の1つクイーンズルームは、最近の新造客船ではほとんど見かけない広々としたダンスフロアのある2層吹き抜けのボウルルームでしょう。昼は英国式アフタヌーンティーの場となり、夜は洋上の舞踏会のようにダンスの花が咲くエレガントな社交場なのです。ロイヤルコートシアターは、830人収容の大劇場。青と金を基調色にした優美な劇場にはボックス席まであり、ここもフォーマルウエアの紳士淑女が観劇をする様がよく似合います。


◆ロストロンスイートの居間

長い歴史を持つ海運の名門キュナードラインは6人のナイトの称号を受賞したコモドア(先任船長・提督)を輩出しました。その名誉を称えるように、クイーン・エリザベスの上から6室のスイートルームは、そのコモドアたちの名前がつけられているのです。例えばグランドスイート7150号室は、ザ・ロストロン・スイート。これは、同社で最も有名な船長と言われたサー・アーサー・ロストロンの名前に因んだものだそう!彼は1912年に起きた客船タイタニックの遭難に際し、全速力で救難に向かい、700名以上を救助したキュナードラインの客船カルパチアの船長でした。ザ・ロスロトン・スイートにはその偉業を讃えるように名船長の写真も飾られていたのです。


◆グリルクラス専用のパティオ「ザコートヤード」

オーシャンライナーの香りを残し、客室により食堂が分かれているのもキュナードラインの特徴です。一番上のクイーンズグリルと2番目のプリンセスグリルは11デッキにあり、二つの食堂の間には洒落たパティオがあります。陽光の差し込むシックなクイーンズグリルでは朝食から、シェリードエッグのキャビア添えなど豪華な料理が食べられるのはさすがといえるでしょう。キュナード・ロイヤルスパは現代の流行を重視し、フェイシャル、マッサージ、ネイルのみならず、水の浮力を利用して心身を癒すハイドロプールや、温かい椅子とサウナでリラックスするサーマルスイートなど、ロイヤルの名にふさわしい充実したスパとなりました。


◆英国庭園風球戯場

洋上のイングリッシュカントリーガーデンも新設し、クロケットボールやショートマットボールなどの球技も楽しめるようになりました。ブティック、ジュエリーショップなどが並ぶショッピング街のロイヤルアーケードには、紅茶で有名なフォートナム&メイソンが船上に初めて出店。また、クイーン・エリザベスの就航を祝い、この船でしか買えないRotary社の紳士用記念腕時計も限定発売され話題になりました。


いかがでしたでしょうか。世界中の憧れの客船でもあるクイーン・エリザベスは、きっと各地でも大歓迎されていることに間違いありません。

<問い合わせ先>
株式会社クルーズバケーション
TEL:03-3573-3601

http://www.cruise-vacations.co.jp




140319_MS_Queen_Elizabeth_Kobe_Japan01bs5
画像引用元:wikipedia

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)