寝ている時に知らない間にいびきってかいてしまうもので、朝起きた時に友人や恋人、好きな人に言われたらなんだか恥ずかしいですよね。特に、恋人や好きな人となると恥ずかしすぎて一緒にもう寝られないと思う人もいるのではないでしょうか。そんな人のために、今回はいびきをかかないようにする方法を紹介したいと思います。正直、友人や恋人のいびきがうるさくて困っているという人も覚えておくといいかもしれませんね。


◆横を向いた状態で寝る

いびきをかいている人って、上を向いて寝ている人が多いと思います。寝やすさとしても、上を向いて寝る人も多いと思うのですが、実はその体勢がいびきの原因になってしまっている可能性があります。上を向いた状態で寝てしまうと、軌道が圧迫されてしまいそれが原因でいびきをかいてしまうということが多いようです。なので、横向きで寝ることを意識するといいかもしれませんね。ただ、寝返りをうったときに上向きになってしまってはどうしようもありませんが、相手も寝ていると思うので心配はないでしょう。


◆呼吸の仕方を変えてみる

いつも呼吸は鼻と口、どちらで呼吸をしていますか?基本的には、鼻呼吸をしていると思うんですがどうしても鼻が詰まりやすかったり、鼻炎を持っていると口呼吸をしてしまう人も多いと思います。その、口呼吸ですが普段から口呼吸をしてしまっている人は、寝ている時も無意識に口で呼吸をしていることが多いそうです。そのため、舌が沈み込んでしまって気道を圧迫してしまっていびきをかいてしまうようです。普段から、口呼吸をしていて鼻呼吸にいきなり変えるというのは、少し無理があると思うので徐々に変えていってみるのもいいのではないでしょうか。それに、口呼吸は虫歯や歯周病、脳にも影響が出てしまう恐れがあるそうなので気を付けた方がいいかもしれませんね。


◆枕の位置を変えてみる

枕の位置は気にしたことありますか?自分の好きな位置、寝やすい位置など様々ありますよね。いつも通りの枕の位置の時に、いびきが出ているということは枕の位置を少し低くしてみるといいかもしれません。枕が高いと首や肩など、首に近い部位の筋肉に負担がかかってしまいます。そのため、喉も圧迫されてしまいいびきに繋がるのだとか。なので、あまり首が曲がらない枕に変えてみてはいかがでしょうか。いびきだけでなく、起きた時の首周りの凝りも少し違って感じるかもしれませんよ。


◆胸をなるべく圧迫しないよう意識する

胸の上に手を置いて寝る人っていますよね。ですが、あまりしない方がいいようです。そもそも、胸に手を置いてしまったりすると肺も圧迫されてしまい、呼吸が浅くなってしまうようです。そのせいもあり、呼吸をしようと息を吸い込む力も強くなり喉の粘膜が震えて、いびきになっているようです。なるべくでも、胸にはあまり手を置かない方がいいかもしれませんね。あまり寝ている時に、胸部自体圧迫するのは良くないような気もするので、いびきを治すという名目でもいいので直していきましょう。


軽いいびき程度出あれば、自分の生活習慣を見直せば自然といびきが収まることもあるそうですよ。部屋の湿度など、意外と関係なさそうで調整してみるといびきをかかなくなったなど色々いびきをかかなくする方法はあるそうです。自分のいびきだけでなく、いびきが気になっている人に是非教えてあげてみてください。



child-666133_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)