出会いが多いとされる夜の世界。男を振り回し、手の上で転がすことに長けている女性のお仕事というイメージが強いですが、意外にも恋愛に繋がることが少ないって知っていましたか?筆者自身、経験から思ったのですが、夜のお仕事のルールと昼のお仕事のルールはまた違うと思います。ですが、恋愛となると一緒なのだというお話をしたいと思います。今回は、男性が持ちすぎている間違った、思い込み過ぎな偏見についてのお話です。


【夜の世界で働いている女性に対して男性が持ってしまっている偏見】

◆恋愛経験が豊富な女子が多い・男をころがす能力を持っている
やはり男性相手のお仕事となるので、外見・容姿・内面が必要となります。自分という人格が商売道具となる夜のお仕事は、売れる・売れないもシビアに判断されるので、恋愛経験も豊富な女の子なのだろうと思われやすいのでしょう。

◆二股・三股をかける女性は多い
異性と知り合う機会が多い職業ですが、だからといって二股や三股は当たり前なんて世界ではありません。それは職業に限らず、複数の異性とお付き合いする女性はお昼の職でも存在します。ですが、出会う率が高いのは確かですが、その異性に対して“出会い”という感覚になってしまうと、それはもうお仕事ではなくなってしまいますからね。毎度相手の事を恋愛対象にみてしまうと、体と心が持たなくなってしまいます。ですので、二股・三股は当たり前というイメージは、イメージであって皆がそうではなく、職種に関係ないということになります。

◆お金がかかる女性に思う
夜のお仕事は、お昼のお仕事と違って、完全能力給となるので自分に対して使うお金などは、正直かかっていると思います。その理由は、やはり先ほども書きましたが、自分の投資=仕事に繋がるという部分は確かなのです。その他に、同伴などでお客様と一緒に普段これないような所へ食事に行くことが多いので、口が肥えるというのも一理ありますよね。だからといって、好きな彼と食事に行く時に「私にこんな所で食べろっていうの?」なんて思う事はありません。でも、男性の方が「きっと良い所にいっているから、恥ずかしい所には連れていけないな…」と勝手に思ってしまうのだとおもいます。

◆プライドが高い女性が多い
一般的にみて、自分に自信があるからきっと夜のお仕事を選んでいる女性が多いであろう。というのは、賛否両論となるところですが、やはりお酒を飲む場なので、コンプレックスを持っている女性なら心が強くないとやっていけないというのも事実です。ですが、だからといってイコールプライドが高いという事になるわけではなく、自尊心や自分自身を強めに持って行く、持たざるを得ないという状況になりやすい職種だとは思います。ですから、気の強い女性が多いというイメージはあながち間違っているわけではないですね。


【どんな職種の女性でも、好きになった人には必死になるもの】

恋愛至上主義が多い女性のお仕事なので、仕事と恋愛を一緒に考えるということは少なからずもあるかもしれません。ですが、好きな人に高いお酒を飲ますのは悪いかな?とか、本気になればなるほど、あまり使ってほしくないと感じる女性は多いと思います。自分の為に使うお金=愛の証なんて、そこまでお金・お金な女性ばかりでもないし、その部分も職業に関係なく持っている女性は、持っているというだけのお話だと思います。


【男性がお客様だけど、意外にも恋愛と仕事をシビアに考えている女性は多い】

その大きな理由は、お酒の入った男性をこれだけまじかで見る職業なので、男性に対しての裏や表など知らず知らずの内に見てしまっているのです。ですので、よく「彼氏にするなら、夜のお店に中々来ない人が良い」とか「やっぱり男性は大人じゃないと無理かも…」と偏った感覚になってしまうこともあるのです。大人の男性とお知り合いになるのなら、色々な職業をしている方々に会えるこのお仕事は持って来いだとは思いますが、そうなると既婚者が多かったりと、意外にも恋愛対象者となる人は少ないのです。「彼氏いるんでしょ?」と良く聞かれる質問でも「いないよ~」というのはお決まりのセリフかもしれませんが、本当にいなかったとしても信じてくれる事も少ないのも確かです。


企業で働きたいと考えている水商売経験者へ

8e77a03991cc232c8738a7820ae8c34d_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)