社会人になったらプライベートで友人たちと話すときとビジネスシーンでの話し方は当然、変えなければなりません。頭では分かっていても実際にはできていない人もいるかもしれません。正しく敬語や丁寧語を使っていますか。正しい言い回しは仕事上で欠かせないものです。ビジネスシーンだけではなく、ご近所さんやママ社会でも品のある話し方をする人は大人の女性として素敵ですよね!どんな言い回しをするかによって相手の受け止め方やあなたへの気持ちも変わってきます。今回はどうやったら正しい美しい言葉を使えるようになるのか?少し普段の自分を振り返って見直しながら一緒に考えていきましょう♪


☆言い回しに気をつける

少しの言い回しの違いで相手の気分を良くしたり、反対に不快な思いをさせてしまうこともあります。また心がこもっていないように聞こえることもあります。例えば何かで謝罪をする場面があったとします。「すいません」と「すみません」はどちらが適切でしょうか。ビジネスシーンでは「すみません」と使うべきですね。「本当に申し訳ない」という誠意のある気持ちがこもっているのはどちらでしょうか。こういったちょっとした言い回しの違いでずいぶん印象が変わってきますね。


☆品のない言い回しや話し方を耳にしたら自分ならどう言うか?考えてみる

例えばショップやレストランの店員やあなたの周囲の人、会社の先輩などの会話を聞いたりしていてあなたが「不快だな」「下品だな」という言い回しや話し方を耳にしたら、自分だったらどのように言うかな?と一度その場で考えてみましょう!もしかしたら自分自身も知らない間に似たような下品な言葉を使っているかもしれません。それに気が付くこともできますし、またこうやって自分なりに言い換えてみると、美しい正しい言葉を日ごろから自然と使えるようになるのではないでしょうか。


☆話し方が美しい人のマネをしてみる

テレビに出てくるキャスターやコメンテイターなど…話し方に品があり、美しい言葉を上手に使っている人がいますよね。こういった正しい敬語や丁寧語を使っているプロの人たちから「綺麗な話し方」を学びましょう!TVやあなたの周囲でこのような素敵な人を見つけたら意識してその話し方やトーンなどをマネしてみましょう!そうすることで美しい言い回しが習慣になっていき、自分のものになっていくでしょう。


☆流行言葉を使わない

ビジネスシーンにはさまざまな年代の人がいます。流行言葉を使うのは避けましょう。


☆声のトーンやスピード、大きさは相手とシーンによって変える

どんなに丁寧な綺麗な言葉を使っていても、声が小さすぎては何を言っているのか聞き取れません。また早口も同じく聞き取れませんよね。話す相手によって声の大きさやスピード、声のトーンなど変えるようにしましょう。これは相手のことを尊重していることにもなりますよね。また静かなところでは小さい声で、プレゼンのときは部屋のみんなに届くようにはっきりした発音で…などシーンによっても切り替えて変えることが出来たら魅力的ではないでしょうか。これができたら様々な年齢の人ともコミュニケーションを楽しむことができますよね!


いかがでしたか?同じ内容でも言葉の選び方で印象は大きく変わります。本当は適切な言い回しを知っていて頭では分かっていてもその場の雰囲気であったり、パッとその時にスムーズに出てこなかったりします。日常の会話の中で美しい正しい言葉を使えるようになりたいですよね。みんなに好感を持ってもらえる美しい言葉遣いができる大人の女性を目指しましょう!




7342ce90d699376c398229cadfe47ba5_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)