ワクワクドキドキの一人暮らし。新居選びから楽しいですよね。広さはどのくらい?景色はどうかな?オートロックがいいな。そんな中、女性として気になるのは≪お風呂≫。美に興味のある女性なら、自分のカラダをケアするお風呂は一番最初に気になるところですよね。でも、きれいで広いお風呂がついている家は家賃が高い!かといってユニットバスはちょっと…一般的にはそう考える人の方が多いのではないでしょうか?けれど、ユニットバスを敬遠するのはちょっと早計ともいえます。一人暮らしの場合、ユニットバスの方がいいという人もいるのです。


【ユニットバスはお風呂に浸かれないでしょ?は大間違い】

いやいやいや、ユニットバスでもお風呂に入れますよ!筆者もビジネスホテルなどで何度か利用しましたが、ちゃんと湯船に浸かってゆったりできました。筆者の入浴方法は先に体を洗ってしまい、洗い終わったところでお湯をためるという方法。普通のお風呂よりも早くお湯がたまるのか、寒さを感じる前にきちんとお湯に浸かることが出来ました。また、最初にゆったり浸かってお湯を抜きながら体を洗うという方法を取る人もいるようですので、湯船でゆったりできないということはないんです。


【実は掃除が簡単!バストイレが一気にぴっかぴか】

ユニットバスって床がタイルで水を直接流せるんですよね!バストイレ別だと、トイレの床拭きを別口でやらなきゃいけないので結構めんどくさい。しかも、雑巾で拭くので潔癖な人には耐えられないこともあるでしょう。けれど、ユニットバスなら簡単!だってざざーっと洗剤で磨いて後は水で流すだけですから。しかもお風呂に入りながらやお風呂掃除時に一緒になど、ついでにできるので常に清潔に保つことが出来ます。トイレそのものについてもしょっちゅう丸洗いできるため、いつも清潔さを保つことが出来ますね。


【狭いのはネックかも…広さはやっぱり普通のお風呂が一番かな】

確かに狭さについては否定できません。そもそも浴室として使うことが難しいため、カラダを洗うにも髪を洗うにも浴槽内で行わなければいけません。それがイヤ!という人はユニットバスは向いてないかもしれませんね。シャワーカーテンについてはそもそも必要あるかどうかはわかりません。いらないなら取っ払ってしまっても問題ないと思うので体感的な狭さは心配しなくてもいいかも。そんなにトイレ側にお湯が飛ぶということは少ないのではないでしょうか?床が濡れることに関してはタイルですし特に問題ないでしょう。トイレに行くときに濡れるのがイヤというのであればビニールスリッパを使えばいいですし、ユニットバスの多くは乾きやすい仕様になっていますのでそこまで気にすることはないと思いますよ。


【家賃が安いのが一番の魅力】

狭さについて我慢が出来るのなら、ユニットバスが一番。だって家賃が安いんですもん!若い女性は収入が少ない傾向にあるうえ、化粧品や服、小物などにもお金をかけたいため、出来る限り余計な出費は押さえたい所。そこで家賃が抑えられたらかなり大きな節約に繋がります。ユニットバスにすることで、他の面にお金をかけることが出来るということで、最終的に美につながっていくのであれば、それもまた選択の一つではないでしょうか?


ユニットバスにはメリットデメリットが存在しています。そのデメリット部分を考えて許せるのであれば、ユニットバスは十分アリ物件なのではないでしょうか?夢の一人暮らしだからこそ、満足のいく物件を見つけることが出来るといいですね。美を作る浴室だからこそ、きちんと考えて選ぶようにしましょう。



bathtub-1078929_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)