夏は、プラスのエネルギーが一番高い時期で、人が一番活発的に動ける季節です。熱や湿気の影響で不眠になったり、体のだるさ、胃腸の調子が悪いのような不調をこの 季節に感じる方は少なくないと思います。そこで今回、活発的に動ける夏を過ごしやすくするヒントをお伝えして、自分の成長にも活かせる季節にしていただけ たらと思います。


■夏の過ごし方

夏は体に熱がこもりやすい季節です。そのため、適度に汗をかいて放出してあげることが大切です。体に熱がこもると、動悸・息切れ・不眠・高血圧・ふらつき・ 頭痛など、様々な不調が起きやすくなります。冷房はできる限り控えて、発汗することで体温を下げることを優先しましょう。その時には水分・ミネラル補給も お忘れなく。氷を入れてしまうと体を冷やしすぎてしまうので、熱中症などで、緊急に熱を下げないといけない時以外は控えるようにしましょう。夏に旬を迎えるきゅうり、トマト、スイカなどから水分を補給するのもいいでしょう。汗をかいて体の水分が失われると、血液が濃くなり巡りが悪くなります。朝夕の涼しい時間帯に軽めの運動をしたり、湯船に浸かり血液の巡りを良くしましょう。


■夏の不調を防ぐ食事のポイント

東洋医学の陰陽五行説では、夏に赤い食材を食べると良いとされています。トマト、スイカ、にんじん、鮭、海老、かになど。また、夏の元気を取り戻すのに苦味 を食事に取り入れましょう。ゴーヤ、パセリ、ピーマン、緑茶などを摂ることで、余分な熱をとり暑さから体を守ってくれます。汗をかきやすくなるため、塩味 が濃い味付けになりがちですが、ハーブや香辛料、薬味を用いて塩分を摂りすぎないようにしましょう。大量の汗をかくのが気になる場合は、梅干し、レモン、 酢などの適度な酸味を取り入れることで、汗を抑える効果が期待できます。


いがでしたか。夏至は日が一番1年の中で長くなるところです。そんな日が長く出る夏に自分を成長させることを始めることで、秋に良い成果が得られると言わ れているくらい活発的に動ける季節です。是非、無理しない程度にお伝えした夏の過ごし方をヒントにして、過ごしやすい夏で仕事も遊びも楽しんでください ね!



beach-455752_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)