最近はなんだかジメジメした空気と、雨なことが多かったりと梅雨の時期が近付いてきているなと思う方も多いのではないでしょうか。梅雨は雨も降って、ジメジメした空気で出かける気というよりもやる気もなくなってしまいがちですよね。どうにかしたいと思っても、天気は雨のまま。そのまま梅雨が明けるのを待っていないといけない...なんて考えている人も多いと思いますが、梅雨にも梅雨ならではの楽しみ方はたくさんあります!今日は梅雨ならではの楽しみ方をご紹介したいと思います。鬱陶しいと思っていた梅雨も、楽しい梅雨になるかもしれませんよ。


■普段いかないところに行く

梅雨の時期って、室内で過ごしがちになって毎回カラオケやボーリングなんてことになりがちですよね。そうなってしまうとどうしても飽きがきてしまいますよね。そんな時にオススメなのは、普段いかないところに行くことです。例えば、博物館や美術館。水族館もそこまで行くところではないですよね。意外と、興味を惹かれるところがあるかもしれないので行ってみてもいいのではないでしょうか。ゆっくり出来て、リラックスも出来て仕事の疲れやストレスから解放されることもあるかも...!


■雨だからこそ散歩する

意識して雨の日に散歩に行こうと思う人は少ないと思いますが、逆に散歩にいってみませんか?雨の日は、いつも見ている景色とはまた違った景色や、風景を見ることが出来たり雨ということもあり、人混みになることもなくゆっくり外を楽しむことが出来ますよ。写真が好きという人は特に外に出て写真を撮るなど、いつも以上に気分が高まるスポットが多かったりするかもしれませんよ。雨の音を聞きながらリラックスして散歩するのもいいかもしれませんね。


■蛍を見に行く

梅雨の時期と言えば、蛍ですよね。湿度が高く蒸し暑い時期だからこそ見られる生き物です。今まで蛍を見たことがないという人も中にはいるのではないでしょうか。この時期だからこそ蛍を観るチャンスですよ。地域によって別にはなりますが、5月の下旬から6月下旬頃もしくは7月頃がピークだと言われています。正直、テレビなどで見るよりもはるかに幻想的で感動します。一目見に行ってみるのもいいのではないでしょうか。蛍を見るイベントもやっていたりするので、自分ではなかなかという方は、イベントに参加してみるのもいいのではないでしょうか。

このように、梅雨だからこその楽しみ方は意外とあります。いつもは意識していないことも楽しみに変わることも。特に、蛍は時期的にもいいと思うので是非見に行ってみてはいかがでしょうか。



puddle-690866_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)