今日も失敗した...明日も不安だな...なんて不意に考えてしまったりしていませんか?世界から見て、日本人は基本的にネガティブ思考な人が多いようで、何もかも考えることをマイナスに考えてしまう癖があるようです。そんなネガティブな考えをしていると、楽しめることや成功することもダメになってしまうこともあるかもしれません。そうならないために少しずつポジティブに考えれるようになってみませんか?今回は、ネガティブ思考からどんどんポジティブ思考になれる方法を紹介したいと思います。


■ネガティブ発言をやめてみる

ネガティブな人は、言葉もネガティブになってしまいがちなところがあります。私なんかどうせ…なんて言っていたら、上手くいくことも自分で潰してしまっているということになります。そうではなく、そのネガティブな発言を少しでもポジティブに考えてみませんか?ダメな時にダメだと凹んでも、気分は落ちる一方です。だったら、大丈夫!何とかなる!と思いこんだ方が楽になりませんか?楽天的な言葉かもしれませんが、それでも気分は変わってきます。まずは、曇った心を明るくすることが大事ですよ。


■自分は自分、他人は他人

よく人と比べてしまっていませんか?あの人は、顔もスタイルも綺麗なのにどうして私は...なんて比べてしまいがちになっているのはよくありません。確かに、他人を羨むことで成長できるところも多いのは事実。あんな人になりたいと思って比較するのは全然いいんです。ですが、毎日毎日他人と比べても意味がないどころか、常に自分を卑下していることになってしまいます。自分にも自分のいいところは必ずあります。メイクが羨ましいなら真似してみて、あの子になれるように努力してみることも自分をポジティブに持っていくために必要なことです。そうすることで、コンプレックスだったところも次第にコンプレックスじゃなくなるかもしれませんよ。


■常に笑顔でいる

常に笑顔って無理でしょ!と思うかもしれませんが、口角を上げるだけでもいいんです。少しでも、笑顔でいましょう。どんよりした気分の時や、沈んだ気分の時ってどうしても顔も笑っていません。そんな時は、少しでも笑ってみましょう。表情なんて関係ないと思っているかもしれませんが、大間違いです!笑顔には力があります。自然と明るい気持ちにもなれるし、口角を上げることでリラックスすることも出来るようです。気持ちがあらぶってしまっている時は、笑ってみると案外くだらないことだと笑い飛ばせるかも。


■一人で背負い込まない

ネガティブな人は、なんでも自分で頑張らないとと考えてしまうところがあります。一人で考え込んで、もやもやをそのままにしておくことはとてもよくありません。人に話すことで楽になることはたくさんあります。まずは、友達に不安や悩みを話してみてみませんか?人に迷惑をかけてしまうと考えがちですが、それは迷惑でも甘えでもなんでもありません。不安や悩みが解決したときに、喜びなどポジティブな感情を共有できるとなんだかいつもより幸福感が出てきませんか?そういう意味でも話すということはプラスな事ですよ。


いきなりネガティブから抜け出すことなんて出来ないと思います。ですが、ポジティブな事を積み重ねていけば、気付けばポジティブになっていることがあります。少しずつでも、気分を軽くするという意味でも試してみてください。明るくなった時、世界が変わったように思えますよ。



morning-1369446_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)