言葉遣いは品格に表れ、そして外見にも表れます。大人の女性は正しい綺麗な言葉、敬語を使うことができます。特に難しく、間違えやすいのが敬語の使い方です。ビジネスシーンで丁寧に話そうと意識しすぎて、二重敬語や過剰な敬語になっていることがよくあります。また敬語にするために何にでも「お」や「ご」をつけるのはあまり好ましくありません。日ごろから綺麗な正しい敬語を話せるようになりたいですよね。そこで今回は好ましい言い回しやよく使う敬語で間違えやすいものをピックアップして紹介します。


▲相手に頼み事やお願いをするとき

相手に何か頼み事やお願いをするとき、「○○してください」と言い切る言い方をするよりも、許可を求めるような疑問形でお願いすると好印象です。

●「この仕事を明日までに仕上げてください」→「この仕事を明日までにお願いしてもいいですか?」
●「この日は休ませてください」→「この日は休みをとらせていただいてもよろしいでしょうか?」

このように、「○○してください」と言うよりも、「○○でよろしいでしょうか?」といったように疑問文にすると会話もスムーズにいきます。また、はじめに「もしよろしければ」や「お差支えなければ」などをつけてから話すと、女性らしくてやさしい印象になります。丁寧にお願いされたら、頼まれた側も不快な思いをする人は少ないのではないでしょうか。


▲相手を待たせてしまったとき

仕事や待ち合わせで相手のことを待たせてしまったとき、どのように謝罪をしますか?軽く「すみません」や「ごめんなさい」などと言っていないでしょうか。正しくは「お待たせいたしました」や「お待たせして申し訳ございません」ですね。相手に「待たせて申し訳ない」という気持ちをちゃんと伝えなければなりません。遅刻は今後の信用にも関わります。社会人として責任を持ち、気持ちを込めてきちんと言うようにしましょう。その方が好印象ですよね。当然のことですが、学生ではないのですから「すいませーん」と語尾を伸ばしたり、ヘラヘラ笑ってごまかすのはタブーです。


▲電話での言い回し

ビジネスシーンで電話で先方と話をしている時、相手の声が聞こえにくい時がありますね。そのときの言い方を紹介します。「少し声が聞こえにくいのですが…」といきなり言うのはキツイ感じもあり、相手にも失礼です。こういった場合、「少し電話の声が遠いようなのですが…」と丁寧に言った方が相手のことを気遣っているように聞こえますよね。先方の気分を害さないように声が遠くて聞こえないことを伝えるようにしましょう。声のトーンにも気を配ると良いでしょう。相手に顔が見えない分、こういったことも配慮できたら良いですよね。


▲「お疲れさまでした」と「ご苦労さまでした」の違い

一日の仕事が終わり、職場の人にかけるねぎらいの挨拶はきちんと使い分けていますか。上司に言う言葉は、正しくは「お疲れさまでございました」です。「ご苦労さまです」というのは目上の人が目下の人に言う挨拶なので気をつけましょう!自分よりも目上の人に言う、労いの言葉は「お疲れさまです」が正解です。間違って使うと相手に失礼になるので気をつけましょう。


いかがでしたか。正しい敬語をきちんと使っているでしょうか。言い方も少し変えるだけでやわらかい印象になり、相手に伝えたいことをきちんと言うことができます。これで人間関係もスムーズにいくのではないでしょうか。もう一度振り返って自分の話し方のクセを確認してみてはいかがでしょうか。大人の女性として日常から綺麗な言葉を使い、品のある女性を目指しましょう。日々の会話で正しい敬語、やさしい言い回しで話すことを意識して習慣にしましょう!



working-1219889_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)