皆さんは世界の公用語が何か知っていますか?そう、英語ですよね。でも、正確に言うとアメリカ英語です。この狭い日本だけでも北から南まで方言があるんですから国が違えば同じ英語でもだいぶ変わってくるのは当たり前!英語だから英国でも通じるはず、と思ったら大間違いということもありますので気を付けてくださいね。

例えばファストフード店でフライドポテトを頼みたいとします。英語で言うとフレンチフライですよね?でも、フレンチフライといってもイギリスで通用しないかもしれません。だってイギリスでは揚げ物のことをチップスって言うんですもの。逆に、アメリカでチップスくださいというとポテチが出てきます。ちょっと微妙に違うものになってしまいますね。

また、「トイレどこですか?」という緊急事態でもアメリカとイギリスで言い方を変えなければいけません。アメリカはレストルーム、イギリスはルーです。おなかが痛くなって薬局に行こうとしても同じ。薬局はアメリカならドラッグストアで通じますがイギリスではケミストです。そのように細々とした違いが結構あるので単語を覚えるのに一苦労かもしれませんね。


【発音が違うアメリカとイギリス】

実際にアメリカ出身の人とイギリス出身の人の英語を聞くとまったく違うのがわかると思います。アメリカ英語は比較的テンポが良くリズミカルでどことなく楽しそう。でもイギリスはちょっと固い感じかな?でもちょっと上品な感じです。日本人が発音するならアメリカ英語よりもイギリス英語のほうが習得しやすいかもしれません。


【イメージ的にはイギリス英語のほうがかっこいい?】

イギリス英語の方がかっこいいと思っている人は結構いるようですね。やはり伝統があるからでしょうか?イギリス人もどことなくアメリカ英語を馬鹿にしている節もありますし、イギリス英語のほうが人気は高いのでしょうか?しかし、世界の公用語はアメリカ英語。学校で習うのもアメリカ英語。イギリス大好き!将来はイギリスに住みたい!というのでもなければおとなしくアメリカ英語を習っておいたほうが無難かもしれません。

筆者もイギリス英語を学びましたが、やはりアメリカ英語と混同することがあります。「この単語アメリカだっけ?イギリスだっけ?」「なんだそれ!知らないぞ」というようなことも未だにありますし、なんだかんだ言って義務教育中のアメリカ英語が抜けないなーと思ってます。しかも、イギリス英語を使う場面ってなかなかないんですよね。アメリカ英語なら結構あるんですが…。苦労して習得してもこんな感じになっちゃうこともあるということ、知っていてください。


【~おまけ~和製英語は通じない】

日本人が英語を話すときに苦労するのは和製英語の存在のせいも大きいと思います。英語だと思ってた!という単語が溢れかえりすぎなのです。コンセントはアウトレットとか何!?イギリス英語ではソケットなのに、コンセントとかどこから来たの?というような罠がいっぱいです。「あなた、仕事は?」と聞かれてフリーターって答えても通じません。パートタイムワーカーです。もしくはノージョブ!サラリーマンならオフィスワーカーです。そんな感じで通じない英語はいっぱいありますので、もし、海外に行くとか外国の人と話す時には日本で使われているカタカナ言葉はいったんリセットしましょう。結構使いそうになってしまって焦ることになりますよ。



union-jack-1027896_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)