知人の家を訪問するとき、また招くときにきちんとマナーを心得てお互い心地よく過ごしたいものです。相手に「よく来てくれましたね。」「お招きありがとう。」といった気持をきちんと伝えたいですよね。そこで今回は知っていないと恥ずかしい!意外と知らない!こういった基本的な訪問のときや、お客さまを招くときのマナーを紹介します。


★インターホンを鳴らす前にしておくこと

インターホンを鳴らす前にコートは脱いでおくのが日本でのマナー。脱いだコートは左腕にかけ、手袋やマフラーなどもとっておきましょう。当日もし雨が降っていて傘があるときは傘の水滴を落としておきましょう。バッグや洋服が濡れた時もすぐに拭けるようにタオルやハンカチは必ず持参するようにしましょう。またインターホン越しの表情にも気をつけましょう。インターホン越しに自分の姿が相手に見えていることがほとんどですので、不愛想だと怖いですよね。口角を上げて、表情はにこやかにしておきましょう!にこやかに来客されたら、迎える側も嬉しいですよね。


★約束の時間よりも早く着いてしまうのはダメ!

約束の時間よりも早く着いてしまうのはまだ相手が家を掃除していたり、お茶などの来客の準備をしている場合がありますので大幅に早く着くのは避けるようにしましょう。また反対に大幅に遅刻をしそうなときは、必ず先方に送れることを連絡するのがマナーです。相手も準備していることを忘れずに!これも思いやりの一つではないでしょうか。


★訪問時の素足はマナー違反!

相手のお宅を訪問するときは、靴を脱ぎますよね。たとえ暑い時期であっても、素足はタブーです。よその家に素足で上がるのはいけません。必ずストッキングや靴下を着用するようにしましょう。


★手土産はお部屋に通されてから渡す

手土産を渡すのは基本、玄関ではありません。お部屋に通されてきちんと挨拶をするときに紙袋や風呂敷から出して手渡しましょう。ですがアイスクリームなどの冷凍品、生ものなどはひと言添えて玄関先で早めに渡します。臨機応変にしましょう。こういった気遣いも忘れないようにしたいですよね!


★綺麗なエプロンでおもてなししても良いもの?

エプロンは家事をしているときに洋服を汚さないようにするためのもの。つまり作業服のようなものなので、いくら綺麗なものであってもエプロン姿でお客さまを迎えるのNGです。エプロン姿でお出迎えすると、「あら、直前まで準備させてしまったかしら…」など相手に気を遣わせてしまうこともあります。直前まで準備をしていたとしても、エプロンは外してお出迎えしましょう。


★玄関、トイレ、洗面所は美しく!

来客があるときリビングなど掃除はもちろんするでしょうが、玄関は最初の印象を与える場所です。ホコリやゴミが落ちていないか?チェックしましょう。またトイレや洗面所もお客さまが使いますよね。手を拭くタオルも綺麗なものに取り換えておきましょう。こういった場所は最初に掃除をするように心がけると良いですね。うっかり掃除し忘れた!なんてことがないように、玄関やトイレなど水回りは美しくしておきましょう。


★香りをつける

綺麗な空気でお客さまを迎えたいですよね。窓を開けて換気はもちろんのこと、部屋のニオイは自分ではなかなか気がつかないものです。空気をキレイにしておきましょう。また玄関やトイレなど、良い香りだと良いですよね。こういった気配りもできたら大人の女性として素敵ではないでしょうか。


いかがでしたか。基本的なマナーを知っておけば、気持ちよくお客さまを迎えることができます。また訪問するときも大人の振る舞いができるように日ごろから習慣にしておくと役に立つでしょう。ぜひ参考にしてみて下さいね。

大人のための初心者ピアノレッスン教材

aefa85071305456e7fabfd885f519f07_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)