晩婚化が進み、初産年齢も上がってきている今、高齢出産によるデメリットが浮き彫りにされてきました。卵子の高齢化?子どもの障害率アップ?そんなの一部だけよ。産めれば問題ないんでしょ!なんて簡単な問題ではないのです。産んだ後にもたくさんのデメリットが発生するのです。


【祖父母力の衰えで育児サポートが受けられない】

まず、一つ目ですが、自分が高齢出産をするということは両親もある程度の年齢は行っているということを考えなければいけません。20代前半で産むことが出来れば祖父母世代が40代である可能性は高いですよね?30を超えてしまうと祖父母世代は50を超えるでしょう。40代と50代、変わらないように見えてだいぶ違います。子供を育てるのには体力がいります。ほんのちょっと面倒見るだけでもグッタリするくらいです。やんちゃな子なら道路に飛び出そうとすることもあるでしょう。そんな時、一瞬の判断で子どもを制止できるかどうかは、やはり年齢が影響することは間違いありません。若ければ若いほど、子どもの動きに対応しやすい、ということですね。


【体力面で子どもについていけないケースもある】

子供の動きについていけるかどうかは祖父母世代に限りません。親世代もきつくなってきます。やんちゃな子が大変なのは一目瞭然ですが、おとなしい子だって抱っこ抱っことせがまれてしまいますし、夜泣きにつきっきりで対応してあげるのだってつらいはず。20歳と30歳では疲れ具合がかなり違うのは間違いありませんよ。


【仕事が忙しい時期と重なり子育てに避ける時間が少ない】

30近くなるとキャリアも積み上がり、重要ポストに就く人も増えてきます。子供の運動会や授業参観、家庭訪問などに対応するために仕事を休まなければいけない場面があってもどうしても仕事を優先しないといけなくなることだってあるでしょう。夫婦どちらかが休めば…と思うかもしれませんが、そうするとどちらか片方が負担を強いられることになります。そして、その多くの場合、負担を強いられるのは女性なのです。いまだに育児は女性の仕事と思っている人は多いもの。そんな固定観念に振り回されないよう、夫も妻も自由に動けるうちに子供の大変な時期を乗り切ってしまっていた方がいいのかもしれません。


【親の介護と子育てが重なってしまい、疲労困憊】

最近多いのはコレです。30半ばで子どもを産んだ場合、親が60代後半~70代になっていることがあり、育児と介護が重なることがあります。はっきり言って70近くなって持病がない、全くの健康体だという人の方が少ないです。足腰が弱くなって来たり、ちょっとの風邪が重症化してしまったり心臓や肝臓に異変が起こったり、ガンが発覚したりと、大変な時期になります。本来ならすべて子供に与えたいお金や時間を、病院代や介護に割かなければならない場面が出てくる可能性がある、ということを覚えておきましょう。


【子の成長後、自分は年老いてしまっている】

子供が成長した後は一緒に出掛けたりスポーツをしたり旅行に行ったりしたいですよね。でも、その時、自分が年老いてしまっていたら体力的についていけないかもしれません。年を取るとはそういうことなのです。温泉に行くのだって、子世代が長く温泉を楽しむ横で、すぐにのぼせてしまって部屋で寝てる…なんていう姿、容易に想像できるでしょう?また、孫が生まれても面倒を見る力があるでしょうか?30半ばで産んだ子がこれまた30半ばで孫を作ったら孫が生まれたとき、すでに自分は70歳ですよ。その子が小学生くらいになったときには80歳です。孫を連れて遊園地に…も運動会の玉入れもキツイ年齢です。

女もキャリアを積む時代、子供も仕事も、と思うのであれば体力のあるうちにさっさと産んでしまって、大変な時期をガツガツ乗り越えておくのが一番です。体力がいるのは子供が小さいうちなのですから。キャリアはその時期を乗り越えた後にでもゆっくり手に入れればいいのです。20代前半で出産し、30代から仕事に本腰を入れる!たぶん、それが女性のベストな生き方なんじゃないかなーと思います。


自然な出会いが待っている結婚相談所【スク婚】

baby-390555_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)