皆さんは、「一子産むと一歯失う」ということを聞いたことがありますでしょうか。昔は、栄養が十分になかったりもして、お母さんの歯のカルシウムが失われやすくなることから言われるようになったそうです。しかし、今は十分に栄養が取れることができます。それでも、妊娠中に歯を含めた口内トラブルが起きやすいのは変わりません。妊娠の時期ごとに注意してほしいことをご紹介します。


■妊娠中に増える口内トラブル

妊娠初期は、多くの妊婦につわりが起こります。つわりが酷い場合には、歯磨き粉のにおいに拒否反応を示したり、口に歯ブラシを入れることにすら嫌悪感を覚えたりする人もいます。そういった場合には十分に歯磨きができず、口内の歯周病菌が増幅し、歯周病にかかりやすくなります。また、唾液の分泌が減り口内が酸性に傾くことで、虫歯もできやすくなります。つわりできちんと歯磨きができない時期が続いたり、嗜好の変化によって歯に良くない食べ物ばかり好んで食べたりと、長時間にわたって食べ続ける習慣になり、歯周病やむし歯が進行する危険性が高くなります。歯周病の妊婦さんは歯周病でない妊婦さんに比べて約5倍も早産になりやすいデータも出ております。


■妊婦時期と注意してほしいこと

・妊娠初期(妊娠超初期~妊娠4ヶ月)
妊娠により口の中を正常に保つ唾液の分泌が低下してしまい、トラブルになりやすい時期です。妊娠中でも治療は受けられますが、初期はつわりがひどいため、トラブルにならない様に十分に気をつけましょう

・妊娠中期(妊娠5ヶ月~妊娠7ヶ月)
一度に食事ができる量が減ってしまうため、空腹状態が多くなり、間食による食べる回数が増えやすい時期です。間食が多いと口内が酸性に傾きやすくなり、妊娠中は唾液の量が減り、自浄作用が弱まるため、虫歯になりやすくなります。食後の歯磨きによるケアが重要です。

・妊娠後期(妊娠8ヶ月〜妊娠10ヶ月)
生まれたことによって自分の歯磨きをすることを怠りやすくなる時期です。お母さんの細菌が赤ちゃんに移ると、虫歯になりやすくなる危険性が高まります。妊娠中にしっかりしたケアができなかった分、歯医者さんを訪れてしっかりとケアをしていただきましょう。


いかがでしたか。歯のことは多くの方がおろそかにしてしまいがちですが、口の病気が生活習慣病の引き金になることもあります。妊娠というちょっと変わった状況でも、しっかりと歯を大切にするケアをしていきましょう。




f8b40a40aca177f8a244e8ba70eb25dd_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)