公共の場や始めて行く場所でも、周りの人のことを考えて行動することができたらお互い気持ちが良いですよね。自分では正しいマナーだと思ってやっていることも、実は違うこともあります。そこで今回は外出先や友人宅でのトイレの基本的なマナーについて触れていきます。


★外出先、知人宅のトイレの使い方、マナー

外出先でものすごくキレイに掃除された良い香りのするピカピカの快適なトイレ、また反対に臭くて汚れている汚いトイレなど…さまざまだと思いますがどんなシチュエーションであっても、心得ておきたいマナーがあります。

Q.トイレットペーパーの三角折りはNG!?

A.デパートやホテルや友人の家など、トイレットペーパーが美しく三角折りにされているところがありますよね。これは、お客さん側はやってはいけません。そもそも、トイレットペーパーの三角折りは「お掃除を完了しました」という意味があります。「トイレを使った後、また三角折りにしておくのがマナーだ」と勘違いしている人もいるのではないでしょうか。その方がお行儀が良いでしょ…?いいえ、違います。

これをしてしまうと、「トイレが汚れていたので掃除しておきました」という意味に受け取られる可能性もあります。ですから自分ではトイレットペーパーは折らないのが正解です。自分ではお行儀よく良かれと思ってやっていたことが、かえって相手に失礼に当たることもありますので覚えておくと良いでしょう。また、三角折りをする、ということはトイレを済ませて手を洗う前にトイレットペーパーを触ることになりますので、「菌がついていないかな?」「汚い手で触ったの?不潔…」などと気にする人もいるでしょう。不特定多数の人が使用するものなので、色んな人がいますよね。

公共のトイレも知人の家でも、トイレットペーパーは使ったらそのままの形で大丈夫です。だからといってトイレットペーパーをぐちゃぐちゃにちぎって使うのは後から入る人も「汚らしい…」と感じるでしょうし、見た目も汚いですので綺麗に切って使うのが大人のマナーですよね。

Q.トイレ使用のとき、気をつけることってなに?

A.公共のトイレでも訪問先の家のトイレでも気をつけたいマナーがあります。

・水しぶきが飛んでいないか?
・床は汚していないか?
・鏡がある場合、鏡を汚していないか?
・紙くずや髪の毛を落としてないか?

これらのことをチェックして、もし汚していたらサッとふき取ってキレイにしてから出るようにしましょう!べったり洗面台に髪の毛がくっていていたり、あちこちに水しぶきが飛び散っていたら、次にトイレに入った人は、使いにくく、不快な思いをします。これでは気分が悪いですよね。次に使う人が快適に使えるように美しく保つ。こういった心がけも大人の女性のマナーの一つではないでしょうか。お子さんがいらっしゃる場合も同じです。汚してしまっていないか?出るときにチェックして見るように習慣にしたいですよね。たとえ時間がなくて急いでいたとしても、サッと確認はできることです。こういった「気遣い」も大切ですよね。


★自分の家のトイレもチェック!

トイレが綺麗に掃除され、お花が活けてあったり良い香りがすると気分も上がりませんか?毎日美しくトイレを掃除することは自分自身、健康に、気持ち良く過ごすことができます。トイレの掃除。5分もかからないですよね。毎朝の習慣にしてみませんか。


いかがでしたか?こういったマナーは一日にしてならず。毎日行い、積み重ねることで「習慣」になっていきます。マナーのある大人の女性は身なりが美しいだけではなく、公共の場でもきちんとしていますよね。ぜひ参考にしてみて下さいね♪




bathroom-1228427_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)