不細工よりイケメンのほうがいい!というのが世の女性の本音ではないでしょうか?合コンなどに行っても顔がいい人とそうでない人では明らかにモテ具合が違いますし、「人間やっぱり顔なのか~」とがっくり来ちゃいますよね。ではなぜ、顔の良し悪しで人の気持ちは変わってしまうのでしょうか?そこにはちょっとした秘密が隠されているのです。


【左右対称の顔は免疫力が強い!優秀な子孫を残したい気持ちが良い遺伝子をさがしている】

人は他者の遺伝子を取り込んで子孫を残しますよね?当然、子供に引き継がれる遺伝子が良いものであればあるほど子供は生き残りやすく、子孫を残す可能性が高くなります。そうなると最初のパートナー選びはとても重要。良い遺伝子を持ったパートナーを探し出さなければなりません。自然界ではライオンはタテガミが立派なオスが持てますし、クジャクは羽が美しいオス、鳥の世界ではさえずりや羽の色などでモテ要素が決まります。そして総じてそういうオスは強かったり生存能力が高かったりして子孫を残しやすいといえるのです。

では人間はどうでしょう?人間が見た目で選ぶ場合、顔が重要になってきますよね?ここで重要なのは何をもって「顔がよい」とするのかということ。好みはたくさんあるので一概にハンサムというだけでは何とも言えません。生物学的に「顔が良い」とは整っている、つまり左右対称ということです。パッチリ二重の人でも高い鼻を持っていても、凛々しい眉があっても、アンバランスだと魅力的には感じないですよね。逆にパーツに特徴がない顔でも左右対称顔はなんとなーく好印象になるのではないでしょうか?顔が左右対称の人は免疫力が高く、また、IQも高いことが分かっています。免疫力が高ければ病気になる可能性は低いですし、IQが高ければ何かが起こっても生き残る可能性が高いでしょう。つまり、その遺伝子が自分の子供に引き継がれれば子供も同じように生存能力が高い子供に育つ可能性があるのです。


【人相が悪い、犯罪しそう、そんなイメージも全く的外れではない】

初対面の人の顔を見て「あの人、優しそう」「なんか怖そう」そんな気持ちになったことはないですか?人の顔で性格がわかると提唱する人もいるようです。ただ、その説は私たちが思っているような、適当なイメージではなく明確な基準があるようですが…。人は初対面でもその人の顔を見てなんとなーく「こんな人かな?」というイメージを付けます。しかし、それはあながち間違いではなく、たいていの場合、合っていることが多いのです。人が忘れてしまったと思い込んでいる本能は意外なところで活躍しているというわけですね。


人間顔じゃない、性格だよ、とは言いますが、やはりその内面も顔に表れますし、努力さだけではどうしようもない遺伝情報まで探られてしまいます。イケメンが好き、という言葉は決して悪いものではなく、純粋に良い子孫を残そうとする女性の本音だということです。




black-and-white-1281562_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)