恋したいなあ…そう思っていてもなかなか両想いまで発展しない、両想いになっても長続きしないと嘆いている女子は結構いるもの。でも、20代ならまだしも、30代に入ってもそのままであるのなら、恋愛ベタである可能性が大です。今回は恋愛ベタなアラサー女子にありがちな特徴をピックアップ!冷静に自分を見つめなおし、原因を探り当てましょう。


【美意識の高いクールビューティは近寄りがたい!?】

まずはキレイ系のお姉さん。「男は見た目がきれいな方が好きなんじゃないの?」と思うかもしれませんが、あまりにもキレイにまとまりすぎるとスキがない感じがして逆に声をかけづらくなります。端的に言えば≪お高く留まってる≫感じがするのですね。「理想高そうだな~」「自分なんか相手にされなさそうだなー」「価値観合わなさそう」「冷たい感じがする」そんな風に敬遠されるのがこのタイプ。肩の力を抜いてちょっと笑顔を心がけるだけで急にモテ始める可能性も秘めていますよ!


【相手の肩書を気にしすぎると縁が遠のく】

アラサーで売れ残っちゃってる人の中には、相手のステータスを気にしすぎる人がいます。もちろん、結婚を視野に入れるならある程度の収入や安定性は必要です。でも、自分のスペックを考えず、高望みをしすぎるのは困りもの。だって考えてみてください。自分はもうすでにアラサー。婚活市場には20代から存在しているのに、それだけでマイナス条件なんです。その年齢を埋めれるだけの収入を持っていますか?それともミスコンなどに選ばれるほど容姿端麗ですか?家事がプロ級?そんな人は一握りですよね?そう、自分のスペックだってそこそこしかないんです。だからこそ、相手もそこそこのスペックがあればそれでよし、としなければならないのです。妥協をしてはいけないところは相性です。スペックに関してはある程度で妥協するようにしましょう。


【占い好きのオンナは周囲がドン引き】

女性はみんな大好き占い。でも、好きすぎていつも占いばっかり!という場合は要注意です。占い結果に振り回され、周囲の人のココロを忘れてしまいがちになるのですから。「今日はあっちの方角が運気がいいからあそこでランチしよう」「○○さん、今日は××に気を付けて」「△△さん、今日は□□するといいらしいよ!」相手も占い大好きでノリノリならいいのですが、そうでない場合、ちょっと幼稚に感じられます。学生ではないのですから、占いよりも周囲の人のココロを考えながら行動を決めるようにしましょう。


【自立しすぎるとチャンスを逃す】

一番多いのがこのタイプ。近年、日本は男女平等。女性だって男性と肩を並べて仕事をする時代!となりました。それとともに「男なんかに頼らず頑張らないと」「自分の力でやり遂げないと」と肩に力が入ってしまっている女性も増えてきています。でもね、男性だってきついときは周囲にヘルプを頼みます。ムリと思ったら周囲に助けを求めることは普通の事なんです。「でもこれが私の責任だから」なんて肩肘張って頑張ってる姿は周囲から見て痛々しく見えるだけ。「可愛げがないなあ」「いつもつんけんしすぎじゃない?」という風に言われることだってあるでしょう。好意的にとらえる人がいたとしても「恋愛とか興味なさそうだし」「忙しそうで声かけられないなあ」「結婚してもこの調子で仕事をされたら一緒にいる意味ないしなあ」と二の足を踏まれてしまうことだってあります。


前ばかり見ず、ちょっと立ち止まって周囲を見渡してみましょう。アナタの周りにはたくさんの人がいるはず。その人たちとコミュニケーションを取ることで、自分のカベを取り払うことが出来るのですよ。

驚愕の願望成就率!当たる本格電話占い梓弓

couple-1343952_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)