ダイエットは、今まで一度もしたことがないという人のほうが珍しいのではないでしょうか。そのくらい女性にとって身近なダイエットでありながら、成功率は低い印象がありますよね。「痩せなかった」「リバウンドした」「体調を崩した」「老け込んだ」など、思うようにダイエットできなかった経験が、あなたにもあるのではないでしょうか。どうして失敗してしまうのか、失敗の原因を取り除きながらダイエットすることで、ダイエット成功の確率がぐっと高くなります。


◆リバウンドの原因?ストレスケアが重要

ダイエットをするときには、アレを食べてはいけない、コレをしなくてはいけないなど、制限が多いですよね。そうしたストレスを繰り返していると、いずれタガが外れてドカ食いしてしまう原因になりかねません。ダイエットで栄養が十分に取れていない状態から急にドカ食いをすると、通常時のドカ食いよりも太りやすくなってしおり、減量に失敗したり、リバウンドしてしまったりします。リバウンドせずにダイエットを成功させるためには、ストレスをためないようにしながら行うことが重要です。


◆ストレスをためないでダイエットすることはできる?

どうしても食事や行動に制限がかかるとストレスは受けてしまいます。ですが、そうしたストレスをうまく発散しながらダイエットをすることでダイエット成功に近づきますし、そのストレス発散にカロリーを使うことができれば、ストレスを発散しながら痩せることができます。では、ストレスを発散しながらカロリーを消費するにはどのようにすればよいのでしょうか。


◆歌ってカロリー消費!カラオケダイエット

カラオケがストレス発散だという方も多いと思います。大きな声を出すと心がすっきりするだけでなく、腹筋をたくさん使いカロリーも消費します。カラオケに行って大きな声でたくさん歌うととても疲れると感じると思います。このように、大きな声を出すということは、以外にも大きなエネルギーを利用しているのです。カラオケで歌うことだけでなく、大声を出すこともストレス発散につながるため、絶叫マシンに乗る、スポーツ観戦やライブに行くなどでも、大きな声を出すタイミングがあれば、ストレスを発散しながら大きなエネルギーを使うことができます。


◆呼吸で痩せる

浅い胸式呼吸ではなく、腹式呼吸にするだけでウエストが減るというものです。腹式呼吸とはかんたんにいうと、呼吸に合わせてお腹が膨らんだりへこんだり、お腹をポンプのように使う呼吸方法です。この呼吸に使うインナーマッスルを意識して動かすことにより、ダイエットにつながるというものです。また、腹式呼吸はもともとリラックスしているときや寝ているときに行われている呼吸法で、酸素を多く取り入れて心臓や肺の負担を減らしてくれ、血圧も高くなりにくいという効果もあります。つまり、リラックスしながらダイエットができるのです。


◆腹式呼吸はどうやってするの?

いきなり「腹式呼吸」といわれても、なかなかやり方がわからないという方も多いかもしれません。そういう方は、まず「大きく深呼吸すること」を心がけてみてください。そうするだけでも、普段の胸式呼吸よりも多くの酸素を取り込むことができるでしょう。さらに、空気を吸い込んだときに、おなかを膨らませるイメージを持ってみてください。お腹回りに浮き輪をつけているように、お腹の前や横、後ろなど全体を膨らませるイメージです。そうして空気を吸い込むように気をつけることで、少しずつお腹回りのインナーマッスルを使用することができますし、息を深く吸い込むことができるようになっていきます。


食事を我慢したり、つらい運動に耐えたり、我慢するだけが痩せる方法ではありません。普段何気なく行っている呼吸を変え、ストレス発散に行うカラオケなどをうまく利用してダイエットを行うことで、リバウンドしない、続けられるダイエットをすることができるでしょう。




apple-2311_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)