時と共に日本語は移り変わるもの…なので、若者たちが新しい日本語を作っていく!というのは、あながち間違いとは言えないのですが、正しい日本語を知っている人とそうでない人では、周囲から受ける印象はずいぶん変わります。「みんなが使っているからこれでOK」「意味が通じればそれでいいでしょ!」と思っていると、意外なところから「あの人って教養ないよね」「話し方がバカっぽい」「ちょっと大事な仕事は任せられないな」と幻滅されてしまっていることもあります。今回はビジネスシーンで見かける間違いをいくつかピックアップ!正しい日本語を覚えて自分の信頼をアップさせましょう!

【ご教授とご教示の違いは一体何!?】

「はい、はい、わかりました。では、連絡先をご教授いただきたいのですが…」「先日の件、ご教授してもらっていいですか?」「ここ、どうしていいのかご教授ください」ちょっと教えて欲しいな~、というときについつい使っちゃう≪ご教授≫という言葉、使い方を間違っている場合が多々あるんですよね~。ちなみに上記の例はすべて間違い!みなさんはどこが間違いかわかりますか?

正解は教授=「学問や技芸の伝達」、「教示=教えること、伝達すること」。英語で言えばわかりやすいですかね?「教授=teach」「教示=tell」です。教授という言葉は何かを習得したいときに使う言葉ってこと。「アナタの名前を習得させてください!」なんておかしいでしょ?なので、ちょっとした質問程度であれば「ご教示ください」が正しい使い方。教授だとちょっと大げさすぎるってことですね。


【実は目上の人にはNG!よく使うあの言葉】

メールやラインなどで、ついつい使っちゃう「了解」という言葉。実は、敬語的にNGなんですよね。了解って、上から目線の言葉なんです。本当は。確かに使いやすくって、つい言葉に出ちゃうんですが、相手によっては怒らせてしまうきっかけともなりかねません。例え、了解しましたと語尾を丁寧にしたとしても、言葉の意味そのものが失礼に当たるため、ビジネスシーンでは使ってはいけない言葉とされています。ですので気心の知れた相手以外に使うのはやめておいた方が無難。

けれど、最近では頻繁に≪了解≫という言葉が出てきすぎてしまって、「じゃあ何て言えばいいの?」「了解以外の言葉がわからない」という人たちも続出中。ビジネス界でもちょっぴり問題になっているとか。≪了解≫の丁寧な言い回し、それは≪かしこまりました≫≪承りました≫≪承知しました≫という言葉。ちょっと堅苦しい言い方かもしれませんが、失敗のない言葉ですよ。また、こういう言葉がスラスラっと出てくる人の方が「きちんと教育されているんだな」という印象を与えやすいため、周囲からの信頼も得やすくなります。普段から、正しい言葉を使っていざというときに淀みなく、使えるようにしておきましょう。


【意外と知られていない言葉、ご査収の本当の意味は?】

筆者の体験談として、「え?」となった言葉があります。それは≪ご査収≫「○○さん、先日の件だけど、Bさんにきちんと伝えておきました。ご査収ください。」添付書類も説明も何もなく、「ご査収ください」…うん、私は何を確認すればよかったのかな!ご査収という言葉は≪よくよく確認してね!≫ってこと。上記のメール送信者Aさんは、「Bさんにきちんと言っといたからBさんに確認してね!」って言いたかったんでしょうが、残念ながらビジネス的にはNG。≪よくよく確認してね!≫っていうのは、言ってる本人が何かしらのデータを持って相手に確認作業を求める言葉なのですから、この場合、何を伝えたのか、どういう状況で伝えたのか、相手の反応はどうだったかなど、細かい状況説明がなされないと確認のしようがないわけです。なので、≪ご査収ください≫という言葉は、主に添付資料がある場合や、詳細の記入されたものに使われるのが本当。

最近では使われなくなってきた言葉ではありますが、ちょっとレベルの高い商談などではまだまだ健在のこの言葉。添付書類があるときに「確認してください」ではなく、「ご査収ください」という言葉を添えるとちょっとかっこいいかも?


【各位ってそれだけで敬称って知ってましたか!?意外とやってしまいがちなあの間違い】

よく見る間違い「関係者様各位」。どこが間違いかわかりますか?実は、各位という言葉、それだけで敬称に当たるので、「関係者様各位」だと「関係者様皆さま」という意味になってしまい、敬称が重複してしまうんです。なので、各位の前に連なる言葉には敬称を入れないのが正しい使い方。「え~?でもそれ、本当に失礼にならないの?」と思うのであれば、ちょっと変換してみましょう。「関係者各位」=「関係者の皆様」となりますが、失礼な感じがしますか?「関係者様の皆様」よりずっとしっくりくるでしょう?

また、各位は複数の人たち相手に使う言葉なので、個人に対して使うことはありえません。ポイントを押さえて上手に使うようにしてください。なんて書いていいかわからないときは≪各位≫だけ書いてても失礼に当たりませんので、複数の人に同じ文書を渡すときはとりあえず各位を使っておきましょう(笑)
余談ですが、敬称として「殿」をつけたがる人がいます。「殿」は敬称ではありません。自分と同じかそれよりちょっと下の人に使う言葉です。「殿」という言葉はビジネス界で使うことは少ない、ということを覚えておきましょう。


日本語を自然に覚えたように。もっと英語をカンタンに【BAOBABEnglish】

iphone-410316_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)