お盆や夏休み、夫の実家へ帰省する人や親せきの家へ泊まりに行ったりすることがあるかもしれませんね。当然生まれも育ちも違うので、自分にとっては日常的なことであっても相手にとっては違うこともあります。どんなときでも臨機応変に相手側に合わせ、心地よく過ごしたいものです。そこで今回は親戚付き合いの中で、どんなことに気をつけたら良いのか?こんなときはどうしたらいいの?こういった疑問にお答えしながら基本的な親戚つきあいのマナーについて紹介します。


☆手土産を持って行くべき?

当然、手土産は持って行くべきです。義父母、叔父、叔母から「何もいらないよ」と言われていても手ぶらで行くのはマナー違反ではないでしょうか。何か持って行くのがマナーですよね。何かみんなでつまめるものや日持ちのするお菓子、もし分かるのであれば相手の好みに合わせて好きなものを選んで持って行くと喜ばれるでしょう。予算はお菓子であればだいたい2000円~3000円くらいや目安でしょうか。相手の家の近所で買うのではなく、あらかじめ買って用意しておくのが礼儀です。


☆どんな服装がふさわしいの?

カジュアルでかまいませんが、ジーンズはあまりふさわしくありません。地方によってはスーツや派手な服装だと現地で目立ってしまうこともありますのでTPOに合わせるように!気をつけましょう。スカートにカットソーなどが無難でしょうか。また家の中では家事を手伝うこともありますので動きやすい洋服を持って行くと便利ですね。その他はリラックスした服装で過ごしたいですよね。パジャマなども持参しましょう。


☆荷物が多い場合、前もって荷物を送ってもいいの?

小さい子供がいる場合や車ではなく電車で行くときなど、荷物がたくさんあると移動が大変ですよね。この場合、相手に「事前に荷物を送っても良いですか?」と電話して確認しましょう。OKがもらえたら、荷物の到着の日や時間帯を伝えておくと相手はスムーズに受け取りができて親切ですね。必ずいつごろ着くのか連絡しておきましょう。


☆滞在中の洗濯はどうしたらいい?

滞在が長期の場合、洗濯物が出てきます。そのときは洗濯機を借りて洗濯しましょう。自分の分だけすればいいのか?一緒に洗っても良いのか、など聞きましょう。勝手にするのではなく、相手側のルールに従って使わせてもらいましょう。


☆家事はどこまで手伝えばいい?

どこの家にもやり方やルールみたいなものがあります。勝手にキッチンに立たれるのも嫌がる人もいますので、聞いてからするようにしましょう。「何かお手伝いすることはありますか?」と声をかけましょう。「座ってて!」と言われても何かするようにしましょう。言われたまま座っているのはどうでしょうか…大人の女性としてその辺は空気を読みながら対応していきましょう!分担してお互い気持ちよく過ごしたいですよね。


☆トイレ、お風呂の使い方には注意!

トイレもお風呂も洗面所も、綺麗に使うように心がけましょう。当然のことですが、子供が汚したりしたら掃除しましょう。お風呂も入った後は髪の毛やホコリなどが湯船に浮いていないか?そういったこともチェックしてみんなが気持ちよく次使えるようにしましょう。


☆家に帰ったら…

滞在期間を終え、自宅に戻ったら電話をしてお礼を伝えましょう。お菓子にカードを添えて感謝の気持ちを伝えるのも良いですね。


いかがでしたか?いくつかの疑問に触れましたが、基本的なマナーを知っておけば、親戚の家でもきちんと過ごすことができますよね。相手のことを考えて過ごすようにしましょう。これらのことを参考に、お盆や夏休みを快適に過ごしてくださいね!



209bcddf888a37e9d43168f387c240a9_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)