今年の夏は猛暑、酷暑になると今から言われています。そう言われただけで体がだるくなるような気がしますが、7月頃から暑い夏が始まって、長いと9月の終わり、運動会の季節の10月頃まで暑い日々が3カ月以上続きます。もちろん冷たい食べ物やクーラーに頼ることになっても、なんとか今から準備して夏を快適に過ごすヒントはあるのでしょうか。


<暑さに慣れる、という意味は?>

実は熱中症などの暑さによる事故は本格的に暑いと言われる8月9月よりも梅雨の時期に多いと言われています。その理由の1つに体が熱さに慣れていないからだと言われています。では、早くから暑さに慣れる方法はあるのでしょうか。実はポイントとなるのは「汗」です。体にある汗腺は体温が上がると汗を分泌します。でも、日頃汗をあまりかかない人というのも女子には多いようです。それは体が体温をあげていないからです。冷え性やクーラーが効いた部屋でずっとデスクワークをしていると、外は暑くでも体温が上がるチャンスはなく、夕方の涼しい時間になってしまいます。体温が上がることで汗の量も増えるので、今の時期から汗をかくということが暑さに慣れる方法といえます。

暑さに慣れてくると汗をかきやすくなってきます。すぐ汗をかくということができるようになると、汗の中に含まれるイオン濃度が低くなるため、血中のイオン濃度が上昇してのどが渇く、という現象がおこります。のどが渇いたらもちろん水分補給をしますよね。水分補給が必要でも、のども乾いていないのに飲むのは苦痛ですよね。まず今の季節にできることは体を動かして体温を上げて汗をかくこと、これが大切です。


<クーラーの使い方を根本的に見直してみる>

クーラーの設定温度は何度にしていますか。今年はクーラーだけで部屋の温度をコントロールする、という方法を見直してみませんか。まず、外出先から帰ったら部屋が冷えていて、思わず長袖のカーディガンを、という温度でしたらもちろん低すぎます。一番体に害があるのが、この温度差です。35度の外から24度の部屋に入ったらこれだけで11度も温度差があります。クーラーは28度の設定のまま、といっても35度の外から帰ったら全然涼しくないですよね。そこで、扇風機などを使ってクーラーの冷気を部屋の隅々までいきわたらせましょう。

また、風鈴やござなどの日本の夏の風物詩を使って涼しさを演出するのも素敵ですね。夕方や夜、早朝は窓を開けて空気を入れ替える、またはクーラーの冷気ではなく、外の空気を入れて扇風機を回すことなどもいい方法かもしれません。といっても、外との気温差を少なく、と言って部屋で熱中症になっては意味がないので、適切な温度設定のクーラーに扇風機などのアイテムを使って上手に過ごしたいですよね。


<インテリアから変えてみる>

色の効果、という言葉を聞いたことがありますか。ブルーなどの寒色系と赤やオレンジなどの暖色系。実はこれらの色には思わぬ効果が生まれるようです。夏はブルーなどの寒色系のインテリアにすることで体感温度が3度違うという報告もされているようです。ベッドに敷くシーツや冷たい効果がある敷きパッドのようなものを新調しようと思っているのであれば、寒色系がおすすめです。また、観葉植物を置くことで涼しいと感じることもできるようです。もちろん暑い室内に置いておくと枯れてしまう種類もあるので、選ぶ時はそのあたりも調べてから購入しましょう。

他にも、日本では昔から使われている「すだれ」も効果的です。窓につるすことで直射日光を防いで、風は通すことができます。カーテンの部屋とすだれの部屋ではその後の室内の気温が5度も違ったという報告もあります。日本で昔から使われているだけのことはありますよね。ぜひこのすだれもうまく使って涼しい部屋にしたいですね。


日本の四季は毎年素敵だなと思っても年々厳しくなっていく暑さに対してはちょっと嫌なイメージしかなくなっていませんか。子どもの頃は夏休みの楽しい思い出が多かったはずですよね。でも、この暑さをうまく乗り切れば、おいしいものがたくさんできる実りの秋がやってきます。暑いから嫌、ではなく、うまくこの暑さを乗り切ることができれば夏のイメージも少し変わるかもしれません。



blue-sky-196230_960_720
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)