初産だとなかなかお腹が出てくるのに時間がかかりますが、2人目、3人目ともなると、俗にいう「皮が伸びてる」状況だからなのか、4カ月に入ったあたりからお腹が目立つ人もいるようです。じゃあ早速マタニティウェアを着る、のは実はもう少し先です。マタニティウェアは臨月の妊婦さんでも着られるようにかなり大き目にゆったりと作ってあるものが多いので、ちょっとくらいお腹が出てきたくらいで着ると、太って見えてしまうんです。そこで、少しずつお腹が目立ってきたママ達はどんな洋服を選んでいるのでしょうか。


<なるべくマタニティウェアを買いたくない、その理由>

初産だと「もう1人欲しいからマタニティウェアを買ってもその時の妊娠で着ればいいから」と気軽にマタニティウェアを買っているかもしれません。ところが、2人目3人目をいざ妊娠してみると、季節感が全く逆だったり、デザインが古かったりと意外と着ないこともあるのです。でも、もう妊娠することはない、と思っていると新しくマタニティウェアを買う気がしません。さらに、買ったとしても、同じ洋服ばかり毎日着続けるわけにもいきませんよね。そうすると複数必要になってしまいますが、やっぱり、複数買ってももう今しか着ない洋服にテンションはあがりません。そこで、いかにマタニティウェアを買わずに今手元にある洋服を着こなすか、その点に注目してみましょう。


<今のクローゼットの中でやりこなす>

実は、お腹が目立ってくる時期と、まわりに「妊娠報告」ができる時期が同じとは限りません。まだ4カ月入ったばかりなのに、お腹は目立ってくるし、まだつわりはあるのに、まわりには言えない、そうなると、選ぶ洋服はふわっとしたスカートばかりになると思います。つわりの最中は少しの締め付けが体調の良し悪しに大きくかかわります。そのため、ウエストをきつく締めたり、太ももやヒップがピタッとしていたりするだけで気分が悪くなることもあります。そこでスカートです。スカートと言ってもタイとスカートだとお腹も目立ってしまうので、ふわっとしたフレアスカートのようなデザインだと締め付けも少なくておすすめです。

また、ワンピースもデザインによってはとっても優秀なアイテムです。こちらも同じようにタイトスカートのデザインだと苦しくなってしまいますが、スカート部分がふわっとしているとお腹も隠せますし、締め付けも少なくて済みます。妊婦さんに人気のデザインはハイウエストのワンピースです。締め付ける部分はウエストではないため、苦しさも感じることなく、スカートもふわっとしているのでこちらもおすすめです。

スカートまったくはかない派だから、という人にも方法はあります。お腹が目立ってくるとどうしてもウエストやヒップがきつくなってくるので、パンツが閉まらなくなってきます。でも、トップスの丈が長めであれば、たとえウエストがしまらなくてもOKです。妊婦さんたちがよくやっているのは、パンツのボタン部分に髪の毛を結ぶゴムをひっかけて留めておく方法です。ファスナー部分が閉まらなくても、ボタン部分が止まっていればパンツがずり落ちることはありません。


<太ってみられたくないから>

妊婦さんになっただけでもどんどん見たこともない体重になっていきますよね。食べたくないのに、つわりがあければ食欲も出てきて、お腹も出てきてどんどん体が大きくなってしまうような気になります。だからこそ、太って見られたくない、というのは妊婦さんみんな同じ気持ちなのかもしれません。やっぱり太ってみられるような大きなワンピース、みたいな洋服は誰もきたくないですよね。

そこで、海外セレブの妊婦さんたちはどんな洋服をマタニティとして着ているのでしょうか。彼女たちの共通点、それは「妊婦さんだから」にとらわれないことです。マキシ丈のスカートもはくし、ホットパンツも、ミニスカートも履きます。でも、足元はビーチサンダルだったり、フラットシューズだったりと気を付けるところは気を付けています。もちろんびっくりするくらいのピンヒールを履いている人もいます…。また、アクセサリーにもきちんと気を遣っています。妊婦だからこそ、アクセサリーやメイクは我慢しなくていい部分ですよね。そこは自分がつけたいものをつけることができます。


マタニティウェアと聞くと着る期間も短いし、デザインがいまいちだったりします。いつもなら洋服を買いに行くだけでもテンションが上がってしまうのに、きっとマタニティウェアを買いに行くテンションはいつもと違いますよね。でも、デニムやレギンスのようなベーシックなものはマタニティウェアとして売っているものも使えたりします。なんでもマタニティウェア、というのではなく、このアイテムなら使える、使えないを見極めて賢い選び方をしたいですね。



pregnancy-792742_960_720
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)