お花をもらうのって嬉しいですよね。お花が嫌いな女性はそうはいないと思います。でも、せっかく素敵なお花をもらって花瓶に生けたとしても、あまり長持ちはしませんよね。一週間ぐらいで萎れちゃったり枯れちゃったりするとなんだかさびしい感じがします。

そんな美しい花を何とかいつまでも保ってほしいと、古来より押し花やドライフラワーなどの工夫が生み出されました。押し花やドライフラワーは確かに花としての形は保つことができますが、そのみずみずしさや美しい色は時間の経過とともにどうしても褪せてしまいます。

そして、近年のフランスでお花のまったく新しい保存方法が開発されたのです。それが「プリザーブドフラワー」です。その歴史はまだ浅く数十年ぐらいしか経っておらず、日本に上陸してからもまだ20年ほどしか経っていないのです。

では、「プリザーブドフラワー」っていったいどんなものなのでしょうか。


◆そもそもプリザーブドフラワーとは?

「プリザードフラワー」はグリセリン成分の入った保存液を使うことによって、みずみずしくやわらかな質感を保ち、手間のかかる製造工程により、鮮やかで色褪せしにくい状態を数ヶ月から数年も保つことができるのです。また、お花の吸い上げる力を利用して特殊な染色を施すことにより、生花では存在しない花の色を出すこともでき、フラワーアレンジに加えると表情の幅がいっそう広がります。水やり、水の交換、肥料などの世話が必要ないのもいいですね。

その反面、お花の最大の特徴である香りに関しては、残念ながら堪能することはできません。花を咲かせるという成長を楽しむこともできません。取り扱いに関しては、直射日光や高温多湿を避け、専用のケースなどに入れて保管すると美しい状態をよりいっそう長く保つことができるでしょう。


◆プリザーブドフラワーの魅力

「プリザーブドフラワー」の魅力は何といっても本物の生花のようなみずみずしく美しい状態を、長期間楽しむことができるということですね。手作りキットなどもあり誰でも手軽に作れるところや、自分なりに自由にフラワーアレンジメントをする楽しみもあります。また、「プリザーブドフラワー」は「枯れない夢の花」とも呼ばれていることから、誕生日やクリスマス、記念日などの贈り物やウェディングブーケなどには最適のお花なのです。

大切な人へのプレゼントに「プリザーブドフラワー」はいかがでしょうか?


◆おすすめのお店とアレンジのご紹介

ここで、とっても素敵なプリザードフラワーアレンジのお店「CLAPS」。

アンティークに囲まれた空間に楽しさがぎゅっと詰まっており、インテリアセンスも磨きながらアレンジを学ぶこともできる、プリザードフラワーを取り扱う老舗中の老舗のお店なのです。何を贈ろうかとギフトに悩んだ際に、このお店を訪れればきっと何かが見つかるはず、と自信を持っておススメできるお店ですよ。

心温まるアレンジ ローズボンボンピンクのバラのアレンジ
価格:4,104円(税込)



プチドーム バラのアレンジ
価格:1,543円(税込)



ホワイトフレーム バラとカーネーションのフォトフレームアレンジ
価格:12,960円(税込)



胡蝶蘭とバラの和風花籠アレンジ 彩華
価格:10,800円(税込)


他にもたくさんのかわいらしい「プリザードフラワー」が揃っています。日本全国に「プリザードフラワー」アレンジをお届けしております。お届けにはお早めのご予約をお勧め致します。


◆さいごに

いかがでしたか?大切な人への真心をこめた贈り物に、ぜひ「CLAPS」で枯れない夢の花「プリザードフラワー」を選んでみてはいかがですか?

今回ご紹介した商品は『CLAPS たんぽぽモール店』にて販売中です!
気になった方は下の画像をクリックして詳細をチェックしてみてくださいね♪



(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)