皆さんは今日のNHKあさイチという番組で紹介された"ゴジベリー"というものをご存知でしょうか?鮮やかな赤色の小さな実なのですが、美容効果が高くスーパーフードとして今大注目されています。どんな美容効果があるのでしょうか?


◆ゴジベリーとは?

ゴジベリーとは、一般的に知られている名前でいうと"クコの実"です。杏仁豆腐の上によく乗っている赤い実です。

tea-615587_960_720

マドンナミランダ・カーが美容のために食べていることでスーパーフードとして知られるようになりました。よく使われるのはドライフルーツにしたものです。中華料理ではよく使われていて、薬膳として粥やスープによく入れられます。それだけ健康に良いということですね♪


◆肌のしわ・たるみに効く、美容効果とは?

ゴジベリーには約100種類の栄養成分が含まれていると言われています。カロテノイド、ビタミンC、アミノ酸・鉄分やカルシウムなどの各種ミネラル、食物繊維やポリフェノールなど美容にも健康にも嬉しい成分がたくさん入っています!その中でもビタミンCが多く含まれていて、オレンジの500倍もあるといわれています。

ビタミンC、カロテノイド、ポリフェノールは抗酸化作用が高く、老化や肌のしわ・たるみなどのアンチエイジングに効果的です。

ビタミンCやタンニンなどはシミの原因となるメラニン色素を生成するチロシナーゼという酵素の働きを抑制し、メラニン色素の生成・沈着を抑制してくれます。コラーゲンをつくる原料にもなりますし、
コラーゲンを構成するヒドロキシプロリンという成分をを合成する働き(コラーゲン生成促進効果)があることも分かっています。

β-シトステロールは女性ホルモンの乱れを改善してくれる役割があります。ホルモンバランスが乱れると、肌荒れの原因になりますもんねぇ。

このように、ゴジベリーにはかなりのアンチエイジング効果が期待できますね!


◆注意する点と、おすすめの食べ方

ゴジベリーはナス科の植物です。夏野菜で知られているナスは水分が多いのと、利尿作用のあるカリウムが多く含まれており、体を冷やすといわれています。そのナス科に含まれているゴジベリーもまた体を冷やしやすいのです。何かに混ぜて食べたりするのが多いですが、ゴジベリー単体で食べる場合は食べ過ぎないように気を付けましょう。

スープやお粥などの温かいものに入れて食べると体も温まるのでおすすめの食べ方ですよ♪


◆さいごに

ゴジベリーはとても美肌に効果的な成分がたくさん含まれていましたね!食べ過ぎると体を冷やすので注意ですが、上手く生活に取り入れれば美しい肌が手に入りますよ!クコの実、ゴジベリーで身体の内側からの"美"を目指しましょう♪

参照元:SlowBeauty

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)