「会社にいる時間が、自宅で起きている時間よりも長い」という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。そんな長い時間をすごすデスクですから、綺麗に整理整頓している人もいればとんでもなく散らかっている人まで、人によって様々でしょう。デスク周りの状況から、その人の性格が見えてくるようですから、少し見てみましょう。


◆机の上が散らかっている人の性格は?

机の上がいつも散らかっている人っていますよね。仕事に関係のないものばかりではないのですが、なんだかいろいろなものが乱雑に置かれている机です。そうした「散らかった机」では、さぞ仕事にも集中できないし、仕事ができないんだろうな、などと思ってしまいがちですが、実はそうでもないようです。

机の上が汚い人というのは、意外にも「ひとつのことを大切にする完璧主義者」的な一面を持っている可能性があるそうです。完璧主義者の思考には「0か100か」という基準があるようで、「100が取れないなら0で良い」と考えてしまうところがあるようです。そのため、机の上も100%片付かないなら、1%も片づけなくて良いと考えてしまい、結果的に机が散らかってしまうようです。


◆デスク回りに私物が多い人は?

仕事をする場所にも関わらず仕事とは関係のないものを置いているという方は、繊細な面があり、気疲れしやすい性格のようです。机の周りに私物を置くという行為は縄張り意識の表れともいわれており、「自分のスペースだ」という主張をする思いが強いそうです。また、趣味に関係する私物を置いている場合には、自分のスタンスを変えない、自分を曲げず、我が強い性格ともとらえられるようです。適度な量であれば問題ないでしょうが、あまりに私物でぐちゃぐちゃだと、仕事とプライベートの区別がついていなかったり、雑念が入りやすかったりするようです。


◆机の上に何も置かれていない人の性格は?

なんでも引き出しに仕舞ってしまい、机の上にはいつも何もない人は、プライドが高い人の可能性があります。机の上には何も置かないように、自分を見せない秘密主義的な一面を持つようです。先輩であれば、相談するなど頼りにすると喜んでもらえるでしょう。ストレスも外に出さずにため込んでしまう傾向にあるようなので、後輩の場合は少し注意してあげると良いかもしれません。


◆引き出しの中まで整理整頓されている人の性格は?

「机の上には何もないけど、引き出しの中はぐちゃぐちゃ」ということであれば、表面だけは取り繕うが、内面は適度に適当な面を持っている人だと言えます。ですが、引き出しの中や収納についてきっちりと行っている人は、必要なものがすぐに取り出せ、仕事をスピーディにこなせる人のようです。また、収納のためのケースを多用する人は、少しせっかちな面があるものの、時間にもキッチリしていて、残業などをしない人のようです。


◆頻繁なレイアウト変更をする人の性格は?

頻繁にレイアウト変更する方は、目の前の仕事に集中できていない人のようです。向上心があるがゆえに、今よりも効率の良い配置を探しているというやる気の表れである場合もあるのですが、飽きっぽさの表れである可能性もあります。いずれにしても、目の前の仕事に集中できていないために、デスク回りが気になってしまうようです。


◆さいごに

自宅の次に長くいる場所ですから、その人の性格が表れるというのもなんだか納得できますね。今回の性格診断はあくまで傾向ですから、これを気にして机の状態を変更する必要はないでしょう。

長くいる場所だからこそ、職場は居心地が良いにこしたことはありません。自分が一番仕事に集中できる環境を作るようにしてみてくださいね。



(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)