「お金持ちは長財布を使っている」というのは、本当でしょうか。筆者は長財布を使うお金持ちの人に会ったことがありません。ですが、お金持ちが「長財布を使った方が良い」などと言っているのを聞いたことがあります。お金持ち自身は長い財布を使っていなくとも「長財布を持った方が良い」と言うということは、それなりに意味があるようです。お金が貯まると言われているお金との接し方と一緒に、その本質を探ってみましょう。


◆お札と硬貨は別々に持った方が良い

お札と硬貨は、見てわかる通り素材が違います。お札は紙ですから木からできており、硬貨は金属からできています。素材が違うふたつは、互いに反発しあうため、別々に持ち歩いた方が良いようです。また、五行の思想によると、金は木を倒すという相克関係があるようですから、「小銭がお財布からお札を追い出す」ともとらえられているようです。確かに、お札と硬貨を別々に持つことに慣れてくると、なんだか気持ちもすっきりしてきますが、それだけでなく、五行の考え方まで意識してお金との接し方を考えているというところが、一般の人とお金持ちの違いかもしれませんね。


◆レシートなどで溢れかえっていない

お金持ちには、お財布の中がレシートで溢れかえっているという人はほとんどいないようです。「お財布はお金を入れるもの」であり、レシートなどを入れるものではないと決めているのでしょう。もし、お金に気持ちがあるなら、まるで自分の家にゴミがあるような状態ですから、良い気分はしませんよね。そんな部屋では、居心地が悪くなって出ていきたくなるのもわかるのではないでしょうか。お金にも「お財布に居ついてほしい」と思ったら、お金のおうちであるお財布を綺麗に保つのが良いようです。「お財布の中は定期的に整理する」というだけでなく、レシートは絶対に入れないなどとルールを決めてしまうのも良いですね。


◆お金を大切に扱う気持ちがある

お金持ちは、そうでない人よりもお金を大切に扱う気持ちが強い人が多いそうです。お金を食べて生きていくことはできませんが、お金はそうした食べ物に変わってくれる大切なものです。なので、お金をそうした「食べ物」や「飲み物」に変わってもらうときに「ありがとう」という感謝の気持ちを持つのだそうです。確かに、そうして使うお金なら無駄遣いはしませんし、お財布に長くお金がとどまるのかもしれません。

また、普通の人はお財布に入っている金額を大体でしか覚えていないかと思いますが、お金持ちの中にはお財布に入っている金額を1円単位で把握している人もいるそうです。お金持ちとそうでない人の違いがよくわかるエピソードですね。


◆さいごに

お金持ちだからといって、長財布を使っている人ばかりではありません。「二つ折りの財布だからお金持ちになれない」「お財布にレシートが入っているからお金持ちになれない」といったことはありません。ですが、「二つ折りの財布を使っていてはお金持ちになれないらしい」という噂が立つということは、それだけの理由があります。お金持ちに共通しているのはお財布の形ではなく、「お金に対する感謝の気持ち」ではないでしょうか。拝金主義のようにお金をあがめる必要はありませんが、お金の大切さを知っているからこそ、お金を感謝して使うことができ、結果としてお金持ちになるのではないでしょうか。

お財布を変えるなど形から変えてみるのも良いですが、感謝の気持ちを持ってお金を大切に扱うように心がけてみるのも、良いかもしれません。普段から持ち歩く財布ですから、さっそく今日から見直してみてはいかがでしょうか。

wallet-637042_960_720


(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)