好きな人を一途に愛すことは素敵なことだと思います。ただ愛情のバランスの比重が偏ってる場合は恋人を苦しめてしまっているということも考えられます。

では、愛情の偏りというのは、どんな行動から分かってしまうのでしょう?




◆好きな人に尽くすことは当たり前だと思っている


好きだからこそ、尽くしたくなる気持ちが生まれてくると思います。
しかし、好きな感情を押し付けてしまうと相手には負担に感じてしまうのです。
自分は一途に愛していても、相手からは偏愛だと思われてしまう可能性があります。


◆好きな人の行動は常に把握していないと落ち着かない


今好きな人が何をしているかと言うのは、気になってしまうものです。
ただし、行動を把握するのは相手からすると悪い事をしていないのに疑われている気分になり、不快な気持ちになるでしょう。
100%好きな人の行動を監視したいのは、好きな人を心から信頼できてない証拠でもあり偏愛傾向も強くなります。


◆好きな人を傷つけた人が許せない


好きな人を傷つける人は確かに許せないですが、何年も憎んでしまうのであれば要注意です。
好きな人が求めているのは、憎むことではなく傷ついた心を癒してもらうことなのです。好きな人よりも自分の方が傷つけた人を恨んでしまうのは、自分の劣等感が邪魔をしている可能性があります。
そういうタイプの人は傷つけられることで憎悪をとても抱きやすく、執着心も強いので中々人を許すことができないのです。


◆好きな人に命令されたらどんなことも従う

好きな人にお願いをされたら、叶えてあげたくなるのが普通だと思います。ただ、どんなお願いも命令も求めてることに全力で叶えてあげようというのは、裏を返すと「好きな人をコントロールしたい!」という気持ちが含まれています。
好きな人が逆に自分の命令に対して聞いてくれないと「許せない!」なんてこともあるかもしれません。


◆さいごに


一途と偏愛の違いは、受け取り手がどう感じるかによって変わります。
あなたの愛は好きな人にしっかり届いていますか?
一途と偏愛は似ているようで全く異なる愛情の伝え方なので、恋愛がうまくいかない際には一度立ち止まり自分の恋愛傾向を振り返ってみてもいいかもしれません。


【関連記事】
【運命の人】結婚するなら”父親”に似ている人を選んだ方が良い3つの理由
「結婚前提で付き合ってるけど…。」結婚に進まないアラサー男子の実態
真ん中は愛情に貪欲!?兄弟構成でみる4つの性格
片想いの恋愛で一途になり過ぎるのは厳禁!?


(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)