近年、「起業して自分のお店を出したい」、「マンションを購入したい」と考える自立した女性が増えている中、仕事に対する改革がさまざま進められています。

将来的に叶えたい目標
がある女性は、スキマ時間を有効活用した「副業」を始めている人が増えてきているのです。


◆副業は"無理せず働ける"仕事を選ぶ


副業を続けていくことにおいて一番重要なのは「無理せず働ける」ということです。本業以外での空いた時間をうまく使い副業をするわけですから、精神的・肉体的に自分のキャパシティ以上の仕事をしてしまうと本業に支障が出てしまいます。

副業は「無理せず楽しんでできる仕事」であることが大切で、もしかすると今まで感じることのなかった新しい体験をすることだってできるかもしれません。


◆本業×主婦業×副業もあり得る時代


働いてる女性の中には結婚していたり、子育てをしているという人も多くいます。本業と主婦業を掛け持ちしているある意味「ダブルワーカー」のような女性でも副業ができる時代になっています。
本業の収入だけでは生活するのが厳しいという場合、仕事を増やし副業しなければいけない状況に陥ってしまいます。しかし、もし夫側が副業禁止の会社に勤めているなら妻側が副業をしなければいけなくなりますよね。

一見、自分の時間が持てず大変そうと感じてしまいますが勤務内容・時間などをしっかり管理した上で副業を始めることで、むしろ気持ち的にリフレッシュする機会ができたと感じる人もいるようです。だからこそ無理せず働ける仕事ということが大切なのかもしれません。


◆近年は"複業(マルチワーク)"も広まっている


副業の他に"複業"という働き方も主流になってきています。副業(サイドビジネス)はメインの仕事があってのサブとしての仕事をするという働き方です。複業(マルチワーク)は色々な職種や違う内容の仕事を、メイン・サブに分けずに同じ労力で仕事をする働き方のことです。

日本は正社員になることで価値を高めるという風潮にありましたが、現代ではその考えが薄れてきて「たくさんの仕事に携わりたい」という考えが広まりつつあります。

この考え方は「時間を有効活用したい」「無理せずに働きたい」という女性の社会進出にも一役買っているといえます。


◆本業で足りないものを"補う"ための副業


副業をしていると聞くと本業以上に稼げる仕事を見つけて裕福な生活をしているというのを想像してしまいがちですが、決してそうではありません。

副業で本業と同じかそれ以上の稼ぎをするのはかなり難しいです。それどころかどちらも上手くいかなくなってしまうということも考えられます。

無理のない範囲で設定した毎月の貯金額から逆算して副業の内容や時間を決めたり、お金を使い過ぎてしまったという時だけに副業をする働き方をすることで達成感のある副業ライフを送ることができます。


◆女性が副業を始めやすい時代になりつつある


女性の社会進出は進んできたといってもまだ道半ばです。働ける職種の選択肢が増えることが望まれます。

一般的に女性の
副業は飲食店のスタッフなどのアルバイトのようなもの、記事のライターやFXなどの在宅でできるもの、キャバクラや風俗などの短時間で高収入を得られるものなど、女性が副業として選択できる職種は様々あります。


◆さいごに
今回紹介したように近年
の副業に対する考え方や捉え方は随分変わってきていますし、副業にもさまざまな種類が増えているので、 将来の目標や自分の環境に合った仕事を正しく選んだ上で副業を始めてみるのも今後の選択肢としてあってもいいかもしれませんね。

さらに、「目標を最短距離で達成させたい」と考える女性であれば、短期間で多く稼ぐことのできる"
キャバクラ"や"風俗"などの"高収入系"の仕事を視野に入れても良いと思います。


◆副業についての関連記事
20代女子のおサイフ事情!金欠を解消する方法とは?」もご覧ください。


(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)