今回、『「私らしさ」のつくりかた』の著者"猪熊真理子"さんにインタビューをしました。

前回の好きなことは仕事にできる!大切なのは人の役に立てるかどうか<猪熊真理子 インタビュー #2>に引続き、働く女性のリアルな悩みを解決してもらいました。

働く女性にとって、プライベートを充実させるのは重要なことですよね


そして、「仕事も頑張りたいけど、プライベートも楽しみたい!」と思うのは当然のこと。

どうしたら、今よりもプライベートが楽しいものに変化していけるのでしょう?

早速、お悩みに答えていただきました。


―友達の充実したSNSを見るとなぜか嫉妬しちゃいます。(22歳.女性)

猪熊:なぜ友達のSNSを見て嫉妬をするかというと、普段から「外」に憧れを向けてしまっているからではないでしょうか。
他の人を見て羨ましくなってしまうという時は、相手にはあって自分にはないものに嫉妬をしているのです。
そういう場合は、友達のどういう部分に嫉妬をしたり、羨望を感じているのか一度客観的に分析してみるといいと思います。

例えば、旦那さんとラブラブな写真を見て羨ましいなと思ったら、自分には結婚願望があり、ラブラブできるような旦那さんを求めていると理解することができるかもしれませんよね。
こういった分析は、自分に何が欠けていて、何を欲しがっているかを自覚する良い機会でもあります。

誰かのSNSを見ていて感じる嫉妬や羨望の気持ちは自分の気持ちを映し出してくれる、鏡のようなものと思ってしまえば、嫌な感情だけを持つことはなくなると思います。




―仕事と恋愛を両立させる方法はありますか?(28歳.女性)

猪熊:時間的に余裕がなくて両立が難しいとすると、自分自身の仕事の能力を高めていくか、働き方を変えるか。時間の使い方を上手くマネジメントすることでライベートに割く時間を作らないといけないですよね。
あとは、仕事をしっかり頑張りたいのであれば、仕事に対する想いをきちんと理解してくれて、仕事と両立させられるようなパートナーを選ばないと恋愛は長続きしないかな?と思います。

しかし、人それぞれ価値観が違うので、私は無理をしてまで両立をさせることにこだわらなくてもいいと思っています。
世間的になんとなく両立した方がいいという価値観もあって、悩んでしまっている女性もいるかもしれませんが、恋愛と仕事の価値観を比べて、どちらに自分は重きをおきたいのか、それともバランスよく両立させたいのか、まずは「自分自身が本当はどうしたいのか」を考えてみてほしいのです。

「両立しなければ!」と思い過ぎてしまうと、悩みが生まれてしまうと思うので、自分にとって幸せでいられる方向へ仕事も恋愛も選択していくのが大切だと思います。
あと、世の中的には仕事を頑張ると恋愛が上手くいかない、恋愛に重きをおくと仕事で活躍できないという思い込みが広がっていると思うので、本当に両立させながら自分も幸せになる方法はないのかと模索してみることは、新しい道を創ると思います。

私自身の理想としては、仕事と恋愛が相乗効果であるといいなと思っています。
恋愛は自分の新しい可能性が開かれ、人間としての魅力を上げていくことができます。
また、オンでもオフでも成長できることで、仕事をするモチベーションが上がったり、視野を広げることができたら、自分にとってプラスになりますよね。




―猪熊さんの夢は何ですか?(27歳.女性)

猪熊:
私が、人生をかけてやりたいのは、「女性の幸福の総量を増やす仕組みを作って死にたい」ということです。

総量は数×質であり、一人でも多くの女性に、本質的な幸せを感じられるような社会や未来を創りたいと心から思っています。

ですので、女性が幸せになるために今どういうことが課題になっていて、それをどういう仕組みで解決できるのだろうかと生涯考えていきたいです。

また、意外に思われるかもしれませんが、プライベートでは結婚して、子供を産んで家族を持ちたいという夢を持っています。
私にとって、家族を大切にしていくことが一番幸福を感じられる瞬間だと思っているので、女性たちを幸せにしたいという想いと同じくらい、自分が幸せでいられるような努力もしていきたいと思っています。


◆まとめ

いかがだったでしょうか。私生活を充実させるためには、自分の気持ちを理解することはとても大切です。

友達のSNSを見て嫉妬をしてしまう時は、自分の気持ちに向き合う時!
少し立ち止まって、客観的に自分を見てあげてくださいね。

そして、働く
女性のエネルギーの源はやはり恋愛です。
恋愛と仕事は相乗効果!恋愛が上手くいきはじめれば、きっと仕事も順調にいくはずです。

必要なのは、ありのままの自分でいられる相手を見つけること。
自分らしく輝けるステージでこれからも仕事と恋愛を楽しんでいきましょう。


【著者紹介】猪熊 真理子
1984年生まれ。東京女子大学文理学部心理学科卒業。大学卒業後は株式会社リクルートに入社し、『ゼクシィ』『HOT PEPPER Beauty』などの事業戦略・ブランドプロモーション戦略・マーケティングに従事。その傍ら「女性が豊かに自由に生きていくこと」をコンセプトに講演やイベントを行い、高校生から70代までのべ3000人以上の女性たちと出会う。会社退職後、2014年に株式会社OMOYAを設立。女性向け事業・ブランド・商品・サービスのコンサルティング、企業内の女性活躍推進などを行う。著書に『私らしさのつくりかた』(サンクチュアリ出版)

猪熊真理子 オフィシャルブログ

<インタビュー記事>
・【働く女子必見】仕事が今よりも楽しくなる方法を教えます♪<猪熊真理子 インタビュー #1>
・好きなことは仕事にできる!大切なのは人の役に立てるかどうか<猪熊真理子 インタビュー #2>


(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)