みなさんお元気ですか?網野もずくです。
Twitter→@amino_mozuku


ここ最近は天候が落ち着かず、自分までどうにかなっちゃいそうです。
偏頭痛持ちのあたしにとっては天気も重要になってしまうんです

画像3-2みなさん健康管理はどのようにして
毎日の健康を維持していますか?

心配性なくせに仕事上不規則生活なために
なに万が一の時のように保険に
いくつか入っています・・・
まず社会保険や厚生年金。
これは普段の仕事で入ることが
できたので手続きや支払いの点で
苦に感じたことはありませんね。
むしろ最小限として入ってる程度。



そして昨年から入ったのが、生命保険、年金保険です。
そこで選ぶ際にポイントとして
やはり自分は女性だというところでした。



あたしの入ったのは第一生命。
daiichi_logo
担当者も女性ということもあり、
事細かにお話しいただきました。

最近ではさまざまな人に向けての
保険が出ており、ほとんどが自分向けにカスタマイズできます。



昔は一度病気をしてしまうと入れないこともありますが
現在は、相談すれば控除部分は出てしまうものの入れる保険が多きあります。

今の保険で女性特有の病気や入院の場合への選択肢の豊富さに驚きました。
その中に出産という大きな命に関わることについて
出血が多かった場合も、その支払いに差がでてくるようです。

その点もまだあたしは出産を体験していませんが、
保険に入らずいた友人が出産後のお財布事情が思った以上に大変だったことと
出血が少し多かったことで自らの入院も少しのびてしまったようで
保険には入っとくべきだったと話していました。


また女性専用保険として
ひまわり生命ではフェミニーヌという名称で
子宮筋腫や乳がんなどで入院で日額15000円の支払いと
3年毎に15万円の生存給付金が支払われます。
これはその間入院していても頂ける給付金です。
男性にはない病気や出産だからこそ出てきた保険ですね。

画像3-1













不慮の事故での身体障害であったり、重度の難病の場合は
ほとんどの保険が月々の支払いの免除がされるようです。

加入時期が年齢とともに上がると料金も上がってしまうことが多く
今ではほとんどの保険会社の保障が
ネット保険でも大手保険企業でも変わりも少なくなってきています。

ネット保険は人件費を削り、保険料を少なくしているため
説明を文字のみで大半理解しなければなりません。
なので若いうちに入るのであればいいものの年齢を重ねた後に入る保険については
担当が一人一人につき、家まで訪ねてくれるような大手を選ぶほうがいいでしょう。

あたしは一度で保険内容を覚えられる自信がなかったので
大手にして、担当者には何かわからないことがあると
密に連絡できるようにしました。

高齢女性はこの女性特有病気は機能的に見落としがちですが
年を重ねるほど、入院日数が増えることが多くなります。
女性特有で子宮、膀胱のちょっとした炎症と
三大疾病を併発することだってあるかもしれないです。
女性の体は繊細です。命を増やすための機能も大切にするためにも
細かな保障のついた保険選びが重要になります。

画像3-3



















・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚

EdyやTポイント、航空マイレージなど約200種類のポイントに交換できる
たんぽぽポイントが貯まる「たんぽぽメルマガ会員」の新規登録(無料)はコチラ!!

6月12日~6月25日までの期間限定!半額セール中!
最大5XLのデザインTシャツが50%OFFの2,100円 ・ 2,400円で買える!
↓商品情報などは下記サイト「モノラボ」でご確認を↓
≪大きいサイズ専門店 モノラボ≫Yahoo!ストア店
shopping.yahoo.co.jp/monolabo-tshirts/
XL~5XL限定!全てオリジナルデザイン。8,000円以上で送料無料!

≪魔女のスティック ≫twitterで話題のダイエットグッズ

www.tanpopomall.com
いつもの食事に混ぜるだけ!「1週間で-5キロ」に!

≪たんぽぽモール≫公式HP

www.tanpopomall.com
オリジナルコスメやダイエットグッズなどの女子力UPアイテムが大特価!


img02.1