◆集中力がある女性

仕事ができる女性はその他の女性から憧れの目で見られます。また仕事ができる女性になれば、キャリアアップを目指すことができます。仕事を通じて自己実現をしたい、社会人の女性はたくさんいると思います。また今後、本格的な男女雇用均等が進めば、役員や社長になる女性も増えていくでしょう。そのためにはどのような場面でも「仕事ができる」という評価を、確実に得ることが必要になります。

仕事ができる女性に共通する特徴として、まず「集中力」があげられます。会社に到着したらすぐに仕事に集中できるので、無駄な時間がありません。ほとんどの人は「仕事が嫌だな」「面倒だな」「もう少ししたら仕事を始めよう」などと、仕事以外のことを思っている時間が長いものです。やる気が出るまでの、アイドリングの時間が必要になります。「仕事が面倒だな」という考えは、仕事に関係があるようですが、実際はまったく関係がありません。自分の感情に心が支配されているだけです。仕事のことを考える時は、具体的なタスクについて考えています。集中力がある女性は、雑念を浮かべたりしません。感情に心が支配されて上の空になったりしません。考えている時間があるならば、仕事を始めた方が早いことを知っているからです。8時間の勤務時間があっても、本格的に仕事に集中できている時間はどのくらいあるでしょうか。ほとんどの人は5時間、多くても6時間くらいではないでしょうか。最初の1、2時間はやる気を高めるための時間、ラスト1時間は帰宅後のことを考えているかもしれません。集中力がある女性は、8時間の勤務時間のほとんどを集中しながら仕事をしています。当然できるタスクの数も多く、高い成果も出しやすくなります。ぐだぐだと仕事をするくらいなら、勤務時間中に一気に終わらせて早めに家に帰る。プライベートを充実させて、仕事のストレスや疲れを抜く。だから次の日はまた集中力を高く持って、仕事に入ることができる…このような好循環が集中力を高く保ちながら、仕事ができる女性の中で起こっています。

 




 

◆けじめのある性格

「けじめのある性格」の女性も、仕事ができる女性です。オンとオフをきれいに切り替えることができて、仕事とプライベートの線引きもハッキリしています。仕事中は仕事のことだけ考えられるため、勤務時間すべてを使って必要なタスクをこなすことができます。仕事が終われば無駄な飲み会に参加をしたり、いつまでも会社に残って雑談をしたりしません。このような女性は仕事ができるのももちろんですが、プライベートでも彼氏や友達と楽しい毎日を送ることができます。仕事が終われば仕事のことは一切考えないので、彼氏や友達は自分のことを大切にされていると思えます。会社からの連絡を気にせずに済むので、映画に行ったり食事に行ったりすることも可能です。会社の付き合いが多くなると、彼氏との時間をきちんと持つことができなかったり、デートをしていてもどこか上の空になってしまうでしょう。せっかく彼氏と一緒にいるのに、職場の同僚とLINEでメッセージをやりとりしてしまい、彼氏の機嫌を損ねたりしたことはないでしょうか。けじめがある女性は、仕事中は仕事のことだけを考えているため、必要なタスクは勤務時間中にすべて終わらせることができます。会社が終われば、仕事の心配をする必要がないのです。このように仕事とプライベートをしっかり分けることができると、仕事以外のことにも集中することができます。楽しいデートを重ねて彼氏と幸せになり、結婚へと進むことができるかもしれません。趣味の世界で大成して、独立をしてフリーランスとして活躍する道も描くことができます。人脈を広げて違う業界の企業に、転職する人もいるかもしれません。仕事でもプライベートでもストレスがなく、楽しみながら作業を進めることができるので、知識やスキルが吸収しやすく、また人当たりも柔らかくなるので周囲の人から好かれやすくなります。けじめのある生活を送れると、仕事はもちろんですが、その他のこともうまく行きやすくなるでしょう。


◆リラックス法を知っている女性

仕事で大きな成果を出すためには、日常的な仕事をこなせるだけでなく、大切な場面で活躍することも必要です。例えば大きな仕事を得るためのプレゼンテーションで高いパフォーマンスを見せて、契約を勝ち取れるような女性は大きな成果をあげることができます。キャリアアップする道も開けやすいでしょう。しかし大切な場面で緊張しない人はいません。仕事ができる女性も同じように緊張しています。彼女たちが大切な場面で失敗しないのは、「リラックス法」を知っているからです。緊張する場面でどのような行動をすれば、緊張せずに、普段通りのパフォーマンスを発揮できるかを知っています。例えばリラックス法のひとつに「呼吸法」があります。緊張をすると体が固くなってしまい、呼吸が浅くなってしまいます。リラックスしている時は身体はほぐれていて、呼吸も深くできています。緊張を取るために、身体の方からアプローチするのが呼吸法です。体を楽にしながらゆっくりと息を吸い、ゆっくりと吐き深い呼吸をします。深い呼吸はリラックスしている時の呼吸ですから、脳が勘違いをして徐々に心が落ち着いていきます。また「ルーティン」を大切にすることで、いつも通りのパフォーマンスを発揮する方法もあります。大切なプレゼンがある日でも、普段と同じように行動すると、緊張せずにいつも通りの力を発揮することができるという考え方です。毎朝、同じ時間に起きて、ランニングをしてシャワーを浴びる。コーヒーを飲みながら新聞を読み、同じ時間に家を出て同じ電車に乗る。このようにルーティンを大切にすると、緊張する場面が来ても、特別なことが起きても平常心でいられます。できるだけ同じ行動を取り、どんな時でも実力通りに行動できるようにしている人は、大きな場面で活躍できます。他にもプレゼンの前にかわいい動物の動画を観たり、香りをつけたハンカチの匂いを嗅いだりと、独自のリラックス法を持っている人は、仕事で大きな成果を出しやすいでしょう。

 
【関連記事】
・愛が深いあまり嫌われる…。嫉妬深い女性に共通する特徴3つ
・あなたは大丈夫?職場で嫌われる「嫌な女」診断法
・恋愛と結婚の終着点はベクトルが反対という論理は正解?
・好きな人は転勤族。同棲するうえでのメリットとデメリットとは?



(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)