これから夏祭りの季節。浴衣で彼と夏祭りデートに行く予定があるという人も多いのではないでしょうか。ですが、意外と盲点なのが、浴衣を着ている時の動作。だらしのない動作で、彼を幻滅させないように、美しく見える浴衣姿の動作をご紹介!

立ち姿一つにも美しさを忍ばせて

 

 

背筋が綺麗にのびた、凛とした立ち姿。これが和服姿の基本です。

 

着物を着る時って、帯を美しく見せるために何重にも紐を巻いて、帯板や帯枕をつけて…とお腹から腰回りがとっても窮屈になるので自然と背筋がのびますよね。

 

ですが、浴衣は着物よりもお腹や腰回りがきつくなく、浴衣を着た直後はピンと伸びていた姿勢も、気が付いたら猫背に…なんてことになりがち。 猫背になると、せっかくの素敵な浴衣も着崩れてしまう可能性が。

 

浴衣を脱ぐまで、美しい姿勢を保てるように、さりげなく胸と肩を広げて、お腹とお尻に力を入れるその意識を忘れないようにしましょう。

 

階段を上る時は重なった裾を少しだけ持って

 

 

浴衣の着崩れが起こりやすいのが、階段の上り下りをする時。

特に階段を上る時には裾が引っかかってしまったり、足が十分に開かなかったりとイライラすることもありますよね。

 

ポイントは、右側の重なった裾、ちょうど右の太ももあたりの裾の部分を少しだけつまみ、上に持ち上げます。この時、素足が見えるほど裾を持ち上げてしまうと不恰好になるので気をつけてくださいね。

 

ほんの少し裾を持ち上げるだけで、階段を上るのが楽になりますし、浴衣の着崩れを防ぐことができます。

 

物をとる時は袖を反対の手で押さえて

 

 

夏祭りや花火大会などでは、座った状態で屋台で買った食べ物や飲み物に手を伸ばすシーンも多くあります。こんな時、浴衣の袖を振り回してしまっては美しくありません。

 

必ず伸ばした腕と反対の手で袖を軽く押さえてあげましょう。

このさりげないほんの一手間で、ぐっと美しい動作になりますよ。

 

車に乗る時はお尻から

 

 

彼の運転で花火会場まで行く、帰りにタクシーに乗り込む…そんな時、足を大きく開いて車に乗り込んでしまってはいませんか?

 

車に乗る時は、まずはお尻を座席に乗せ、両足を引き上げるようにすっと車の中に入れるようにしましょう。

 

歩く時はおしとやかに

 

 

浴衣を着ているのに、うっかりいつものように大きく足を開いて歩いてしまってはいませんか?

 

ヒールを履いているなら脚を美しく見せるためにかかとからヒールの音を鳴らして歩くのがかっこいいですが、浴衣の美しい歩き方は「おしとやかさ」が第一。

 

着崩れしないように小股で歩くのが鉄則です。

下駄で靴擦れを起こさないためには、つま先から足を下ろすようにするといいですよ。

 

いかがでしたか? 浴衣美人になるためには、日常のちょっとした動作にも意識が必要です。さりげないのに美しい。これが浴衣美人の基本。座って物を食べる時は膝にハンカチを敷くなど、常に美しさを意識すれば、ますます彼に好かれること間違いなしです!

 

関連記事

・夏祭り・花火大会に行く女子必見♡はんなり女子になる浴衣メイクのやり方

・耳にかけると可愛くみえるヘアスタイルが知りたい!おすすめは?

・夏らしいヘアアレンジ方法が知りたい!涼やかに魅せるまとめ髪特集