女友達やママ友をお家に招待する、なんて何度経験があってもいろいろ気を遣いますよね。でも、全く経験がない人は何を用意したらいいのか?テーブルコーディネートは?どんなものを買ったらいいのか?でも、高いものをたくさんは買えないし・・・。限られた時間で、でもおしゃれに見えるように用意できることとして、どんなものがあるのでしょうか。また、どんなフードを用意したらおしゃれでしょうか。

 

<テーブルコーディネート>

お友達が来るからといって堅苦しくなるのも嫌ですが、せっかくならちょっと気を遣っておしゃれにしたいですよね。まずはテーブルにお花。ものすごく大きなユリの花やたくさんのバラ、ではなく短めに切ったお花を1~2輪やグリーンなどを少し飾ってみませんか。また、テーブルクロスでもいいのですが、テーブルランナーを使ってみてください。テーブルランナーはテーブルの真ん中に敷くものですが、テーブルの上だけのものからテーブルから長く垂れるほどのデザインのものもあります。テーブルの形との相性という点では、四角のテーブルでは左右に垂れ下がり、丸や楕円のテーブルでは垂れ下がらないテーブルの上だけの長さのものだとバランスがいいようです。ランチョンマットやコースターも用意したいところですが、ここでポイントとなってくるのが、色です。ランナーは赤でランチョンマットは黄色と青、じゃテーブルの上で色がたくさんあって落ち着きません。そこで、ランナーやランチョンマットを選ぶ時に2色くらいの色を決めて選ぶとすっきりします。たとえば、黄色と水色、赤とグレーなど意外な組み合わせだからこそおしゃれだなと感じることもあります。次に食器ですが、和食だから和食器じゃないと、というのはなんとなくおもしろくないですよね。和食だからこそ、ガラスボウルに盛りつけたり、逆にパスタを和食器に盛り付けたりすることでおしゃれなテーブルを作ることができます。また、手や口が汚れた時にとティッシュを置くのはつまらないですよね。そこでテーブルランナーやランチョンマットなどと色を合わせたペーパーナプキンを使ってみましょう。ナプキンスタンドがあるとさらにいいですね。

 

<フード>

テーブルコーディネートは完璧!となったら次はフードですが、フードの場合は相手によりますよね。例えば仲のいい女友達なら気軽に前菜としてのサラダにパスタまたはおばんざいのランチなどでも十分ですが、ママ友を招待となるとママ友のご飯に子どものご飯も考えないといけません。さらに、子どもがいるとなると食べるタイミングも難しいですよね。子どもに食べさせてからなのか、一緒に食べられるのか、それによって作るメニューも変わってきます
そこで、どんなお友達でも使えるフードは何でしょうか。たとえば、パスタやお魚、お肉などを温めている間に出しておけるフィンガーフードは冷めてもおいしいですよね。一口で食べられるタルティーヌなども季節の食材をつかってみるとおもしろいです。ただ薄く切ったバケットに生ハムやチーズを乗せるよりも春なら桜を使ったり、夏ならズッキーニ、秋ならかぼちゃなど旬の食材を使うだけでもとってもおしゃれになります。

 

<デザート>

お友達から「よかったら食べてね」と頂いた手土産、そのまま冷蔵庫へ入れていますか?実はお友達から頂いた手土産はその場で「お持たせでごめんね」「お持たせで失礼ですが」と一言添えて出すのがマナーのようです。頂いたものをその場で出すというと失礼な気もしますが、それは間違いなのです。万が一ケーキを頂いて自分もケーキを用意していた場合は、頂いたケーキを出すようにしましょう。もちろんコーヒーや紅茶なども忘れずに出しましょう。

 

お友達が来るとなると「面倒だな」「ここまでしなくても」と思いそうですが、実はお友達が来てくれることはとってもいいことなのです。というのも、そのために徹底的にお掃除しますよね。さらに、テーブルコーディネートのことやどんな料理を作ろうかと考えたり買い物に行ったりと、とても勉強になります。ホームパーティーなどのホスト役は一度や二度ではなかなか慣れることができません。ぜひお友達を招待してホームパーティーを楽しんでみてください。



https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-03-ITOU85_kanpai20150221173656500-thumb-1000xauto-12242



(女子のお悩み解決コラム -WomanNews
ウーマンニュース-)