もうすぐお盆ですね。夏休み、お盆には実家に帰省したりしてお墓参りをする人も多いでしょう。お墓参りはご先祖様の冥福を祈り、ご先祖様からの命に感謝し、幸せを祈るものです。意外と知らなかったり、忘れていたりするお墓参りの仕方や作法、マナーを紹介します。

 

☆お墓参りはいつ行くもの?
お墓参りは折にふれて行くようにしたいものですね。本来はいつ行っても構わないのですが、命日や法要のあと、お盆、お彼岸、亡くなった日と同じ月日の「祥月命日」や毎月の命日である「月忌」には足を運ぶようにしましょう。できる限り行けるときに行きたいものです。また良い出来事があったり、なにかイヤなことがあった時など、ご先祖様に報告しに行くつもりでお墓参りに行くのもいいですね。


☆服装はどんなものを着たらいいの?
納骨や初盆などの法要に合わせてお墓参りする場合は礼服になりますが、それ以外は基本的に服装は自由です。ですがあまり露出の多いものや派手なものは避けましょう。またきつい香水などもよくありませんね。きちんとした格好で行くのがベストです。


☆持ち物は?

  • 生花
  • ロウソク
  • お線香
  • マッチやライター
  • 数珠
  • お供え用のお菓子や飲み物
  • 花ばさみ
  • 掃除用具(たわし、スポンジ、ぞうきん、ごみ袋、ほうきなど…)
  • 半紙
  • 軍手(草引きの時に便利)

※ごみ箱は現地にある場合がありますが一応持っておくと便利ですね。
※手おけやひしゃくはお寺など現地で貸してもらえますので持参しなくても大丈夫です。
あらかじめ綺麗な水を入れてお墓へ向かいましょう。

 

 

☆お墓参りの手順
お墓のまわりの掃除

 墓石のまわりの雑草を抜く。そしてゴミ拾い。墓石のまわりを綺麗にします。ほうきでまわりを掃きましょう。

墓石を磨く
墓石の汚れやくすみを磨いてキレイにして洗い流しましょう。墓石をゴシゴシたわしでこすると傷がついてしまうこともありますので、やわらかめのスポンジや歯ブラシなどで優しく磨きましょう。
花立てに新しい水を入れ、新しいお花を飾る。古いお花、水は捨てます。
水鉢に綺麗な水を注ぐ
半紙や持参したお皿にお菓子や飲み物をのせる
お線香をたてる
お線香は束のまま火をつけて線香立てに入れます。
ロウソクがあれば点火する
墓石に水をかける
お酒が好きであった故人であってもお酒をかけるのはNGです。
墓石に合掌

 ご先祖さまに冥福を祈り、感謝や近況報告などを心の中で語りましょう。お墓参りの順番は特にこだわることはありませんが、家族、親せきなどたくさんいる場合、故人と縁の深い人から順に参拝します。数珠がおれば手にかけます。

お花やお線香はそのままに。お供え物は持ち帰りましょう。
その場で食べられるようなものの場合、控室などでみんなであとから頂いてもかまいません。

※山門を出るときには本堂に向かって一礼します。

 

☆寺院墓地の場合

山門に入る前に一礼をする
お寺の本堂前で両手を合わせて一礼する。そして感謝の言葉と参拝の旨を伝えましょう。
住職に挨拶をする。このときにお布施やお菓子を渡す場合もあります。
手おけに水をくんでお墓に行って参拝する

 

いかがでしたか?意外と持ち物が多かったり、忘れがちなものもあるのではないでしょうか。これらの数々のお墓参りの手順やマナーを知っておくと、困ることなく美しくスムーズにお参りができますね。また上記の内容は仏教のお墓参りの手順やマナーです。宗教、宗派によっても異なりますのでそれも気をつけましょう。お盆には時間をつくってご先祖様のお墓参りへ行きませんか?きっとご先祖様も喜んでくださることでしょう。



44


(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)