2015/6/1より道路交通法が改正され、悪質・危険な自転車運転者に対する講習制度がスタートしました。
この制度が始まったということは、自転車の交通違反も自動車の交通違反と同様、しっかりと取り締まることになったということになるでしょう。

乗るのが怖くなる自転車違反の内容って?

自転車に乗っているときに危険な行為をした場合、3年以内に取り締まりor交通事故を2回以上繰り返した場合、公安委員会から運転者講習を受けるよう通達が来ることになります。
この受講料は、5,700円です。
もし受講しなかった場合は、5万円以下の罰金が課せられます。
講習料が5,000円超えというのは、ちょっとお財布的にも厳しくなりますから、違反をしないようにしましょう。

【危険行為の14類型】 

①信号無視
②通行禁止違反
③歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)
④通行区分違反
⑤路側帯通行時の歩行者の通行妨害
⑥遮断踏切立ち入り
⑦交差点安全進行義務違反等
⑧交差点優先車妨害等
⑨環状交差点安全進行義務違反等
⑩指定場所一時不停止等
⑪歩道通行時の通行方法違反
⑫制御装置(ブレーキ)不良自転車運転
⑬酒酔い運転
⑭安全運転義務違反
(自転車運転者講習制度:警視庁より)

上記はこれまでも違反だったことです。
しかし、今後は、上記14項目が危険行為として具体的に取り締まることになるわけですね。

違反をするとどうなるの?

では、実際に違反行為をした場合はどうなるのでしょうか?

・酔っ払い運転 → 5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
・夜間、無灯火で走行 → 5万円以下の罰金
・2人乗り運転 → 2万円以下の罰金又は科料
・傘を差しての片手運転 → 3ヶ月以下の懲役、又は5万円以下の罰金
・携帯電話、メールをしながらの運転 → 3ヶ月以下の懲役、又は5万円以下の罰金交通違反罰則
・信号無視 → 3ヶ月以下の懲役、又は5万円以下の罰金
・並んで走る → 2万円以下の罰金又は科料
・歩行者妨害(歩行者への注意や徐行の怠り)→ 3ヶ月以下の懲役、又は5万円以下の罰金
・歩行者に衝突、逃走 → 1年以下の懲役、又は10万円以下の罰金
・一時停止違反 → 3ヶ月以下の懲役、又は5万円以下の罰金
・故障したまま乗る → 5万円以下の罰金
・右側通行運転 → 3ヶ月以下の懲役、又は5万円以下の罰金
・ベルをリンリン鳴らしながら歩道を走って、歩行者を退かそうとする → 2万円以下の罰金又は科料
・歩行者の横を猛スピードですり抜ける → 3ヶ月以下の懲役、又は5万円以下の罰金
・徹夜や過労でフラフラになり、自転車に乗ってふらふら走る → 1年以下の懲役、又は30万円以下の罰金
・見通しのきかない交差点に徐行しないで突入 → 3ヶ月以下の懲役、又は5万円以下の罰金
・前の自転車を追い抜く時、左から抜く → 3ヶ月以下の懲役、又は5万円以下の罰金
・ハンドサインを出さずに右折、左折、停止する → 5万円以下の罰金
・ブレーキが故障したまま走る → 5万円以下の罰金
・交差点で右側車線に入り、そのまま右折 → 2万円以下の罰金又は科料

※「急増!自転車事故に備えよう」より転載

自動車の違反の場合、青切符(反則金)がありますよね。
しかし、自転車の場合は即罰金になりますし、自転車の方が罰則が重くなる場合があります。
同じ信号無視であっても、自動車よりも自転車のほうが罰則も罰金も重くなるのです。



N612_tomarejitensya-thumb-1000xauto-14158

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)