お友達の結婚式にお呼ばれ。
無意識に色々してしまっているけれど、これってイイの?って思う事ありませんか。せっかくお呼ばれしたのだから、きちんとしたマナーを身に着けて素敵なレディとして出席したいですよね。
もう1度マナーについて、おさらいしてみましょう。
「招待状が届いたら」

1.招待状を頂いたら、まずは早めに返信するのが礼儀です。
返信期日に余裕があることが多いですが、席次を決めるのに影響することがあるので、遅くとも頂いてから1週間以内に返信するようにしましょう。

2.出欠の返事は口頭ではなく、必ず返信はがきを使ってしましょう。
親しいからと言って、電話やメールで済ませるのは、マナー違反です。

3.返信はがきの書き方ですが、出欠に〇をつけるだけでなく「御」の字を斜めの二本線で消し、「させて頂きます」などの言葉を添えるとよいでしょう。
余白の部分にお祝いの言葉を、添えておくのも忘れずに。
もし、欠席する場合には、お祝いの言葉と共に、お詫びの言葉も添えておくのが礼儀です。
宛名面は、「行」を斜め二本線で消してその下に様を描くのを忘れずに。
最後に両面をよく確認してから、投函しましょう。

「ご祝儀について」

ご祝儀についても、悩むところです。少なすぎるのもケチみたいだし、多すぎても相手に負担をかけてしまいそうと結婚式にまつわる悩み処の一つですね。

・新郎新婦が友人の場合
大体2~3万円が相場と言われています。
昔は「二」という数字は2つに割れるので縁起が悪いとされていましたが、現在では「2人の幸せを祈る」と言うような意味で、ご祝儀に2万円を包むことは良しとされています。

・新郎新婦が親族の場合
親族間のしきたりや申し送りがある場合はそれに従うようにしましょう。
目安として、3~10万円の範囲が多いようです。
夫婦で招待された場合には、5~10万円程度。

・ご祝儀袋は、結婚式専用のものを使いましょう。
水引が結びきりのものです。
金額をご祝儀袋の格が釣り合うように用意しましょう。
新札を用いるので、早めに用意するのを忘れずに。
表書きは、ボールペンでなく毛筆または筆ペンを使ってはっきりと記入します。

急となると、うまく書けないので普段から筆文字の練習をしておくと、何かと役に立ちます。
中袋に、金額や住所をきちんと書いておくのが礼儀です。
金額の数字は、難しい漢字を使って書きましょう。
1→壱  2→弐  3→参  万円→萬円

・お札を入れるときは、全て向きを揃えて、肖像の印刷がある表を前にして入れましょう。

・上包みの裏側の折り方は、下側の上向きに向いているほうを表にして水引を通します。
 「喜びを受け止める」と言う意味、逆はお悔みごとですので、くれくれも間違えないようにしましょう。

・ご祝儀袋の、表書きの短冊の下に複数枚の短冊が入っていたら、下にもう1枚重ねて出します。
喜びが重なるようにと言う意味。1枚で挟んでも問題はありません。

「袱紗の包み方」

ご祝儀袋は袱紗に包んで持っていきましょう。

袱紗の包み方(お祝い事、お見舞い)
1. 左側を中に折りこむ
2. 上部を中に折りこむ
3. 下部を中に折りこむ
4. 右側を中に折りこみ、余った部分を裏へ折り返す

色は、エンジまたは赤色、紫などです。紫色はお悔みにも使えます。
受付で出すときは、袱紗ごとバッグから出し、袱紗を開いて両手で渡します。その時にお祝いの言葉を添えると感じイイですね。

「服装について」

結婚式にお呼ばれした時の服装は、一番悩むところと言う人も多いと思います。
結婚式のお呼ばれのドレスコードというものがあります。

*NGな服装 

・白系ドレス
白は花嫁さんの色です。
さらに、クリーム色、薄ピンクをはじめとした白系のドレスは、写真写りによっては「白」に写ってしまうので、裂けた方が無難と言えます。ゲストはほとんど着席しているので、上半身だけ見たときに白っぽくないか、確認しておきましょう。

・ミニ丈ドレス・肩出しドレス(夜の披露宴はOK)
極端に露出度の高いドレスや、体の線がはっきり出てしまうドレスは、一番目立ってしまうこともあります。主役は新郎新婦なのを忘れないようにしましょう。スカート丈もあまり短いものは避けましょう。

・ファー素材ドレス
毛皮や革素材は、結婚式にはふさわしくないと言われています。理由は「殺生」をイメージするためということです。ただ、最近は多少許容されていることもありますが、基本的にはNGであることを覚えておきましょう。

「ヘアスタイル」

せっかく、きれいなドレスで身を包んでいても、ヘアスタイルが今一つだったために、残念な印象になってしまうこともあります。アップスタイルはフォーマル感が出るので好感をもたれます。
ハーフアップスタイルでもよいので、きちんと感が出るようにセットしましょう。
美容室でセットしてもらうと、華やかに出来ますが慣れていない美容室だと失敗してしまうこともあります。その場合は、写真の切り抜きなどを持って行ってセットしてもらうと失敗が少ないですね。
自分でセットも可能ですが、普段やりなれていない人は、お任せしてしまった方が安心です。

「バッグ」

大きすぎるバッグはマナー違反です。小ぶりのパーティバッグを、準備しておきましょう。
動物革のバッグもNGとされています。
サブバッグとして紙袋を持つのもマナー違反となるので避けましょう。サブバッグは式場へは持ち込まず、クロークへ預けましょう。

「靴」

つま先の隠れるパンプスが基本です。
網タイツもオシャレですが、マナー違反となってしまいます。
サンダル、ミュール、オープントゥなどはふさわしくありません。
最近では、結婚式にもということ色々なタイプの靴が売っていることもあるようです。許容される範囲も広がってきていますが、厳格な式や披露宴ではオーソドックスなものを履くのが良いでしょう。ヒールは3㎝以上、細ヒールが基本です。
ストッキングを必ず履きましょう。生脚はNGです。

結婚式のマナー、おさらい出来ましたか?
これで、今日からあなたもマナーを身に着けた素敵な女性です。
花嫁さんにとって、一生に一度の晴れの舞台である結婚式、素敵な1日になるといいですね。

Taidobuy.comウェディング【高品質で低価格なアイテムを圧倒的な品揃え!】ぜひ早めに!

08895769a3caf8412a71e672e94768c4_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)