「フィットネスクラブ」も進化しています。トレンドは24時間。忙しい方には嬉しい24時間やっているのは朗報です。

また、女性専用のフィットネスも増えてきました。それだけ女性の需要があるという事なのですね。女性専用だと、男性の目が気にならないので気兼ねなく利用出来るのが嬉しいところです。

 

「24時間やっているフィットネスクラブ」

「エニタイム フィットネス ジャパン」

アメリカからやってきた24時間年中無休のフィットネスクラブです。米国NO.1のフランチャイズのジムです。国内に100店舗。そのうち75店舗は関東にあります。エニタイムフィットネスはどんなに忙しい方でも大丈夫です。エニタイムフィットネスの会員になれば、昼夜関係なく、あなたにとって最適な時間をトレーニングに費やすことが可能となります。驚きの低価格を実現しているとのことで、店舗ごとに会費は異なっています。ちなみに赤坂アークヒルズ店で8,500円/月というのは、破格のお値段です。

都内でもほかの地域であればもう少しお安く会員になることが出来ます。都内に続々オープン予定です。マシンジムに特化しているので低価格を実現しているのだそうです。シャワー室は完備されているので女性も安心ですね。そして、嬉しいのが国内の全店舗はもちろん、世界20カ国,2,800以上の店舗を利用することが出来る事。しかも追加料金なしで!家の近くでも、仕事場の近くでも、遠い出張先でもエニタイムOKなのです。

http://www.anytimefitness.co.jp/

 

「ゴールドジム」

ゴールドジムは世界30か国・700箇所以上を誇る世界最大級のフィットネスです。周りでも会員になっている方は多くいらっしゃるでしょう。ゴールドジムの場合は、24時間営業の店舗が、8店舗あります。ほとんどの店舗が早朝から深夜まで営業しているので、通いやすくなっています。早朝のワークアウトから、仕事帰りの遅い時間まで、様々な人のニーズにこたえています。そして、ほとんどの店舗が駅前にあるので忙しい人でも利用しやすくなっています。

シェイプアップを目的に通いたい人にも嬉しい姿勢の矯正から始まりインナーマッスル、アウターマッスルの両方を鍛える女性のためのシェイプアップ術を教えてくれます。会費は会員の種類によって異なります。自分の利用したい時間帯などによって選べるのがいいですね。

http://www.goldsgym.jp/whats_golds/index.html

 

「女性専用フィットネス」

「カーブス」

女性だけの30分健康体操教室。色々なところで見かけますね。30分体操するだけで痩せられるなら頑張っちゃおうと思いますよね。

若干年齢層が上の方向けかとは思いますが、健康を気遣っている人にはいいかもしれません。手軽に誰でも何歳でもがキャッチフレーズ。女性だけなので、とにかく男性の目がないのが嬉しいです。すっぴんで思い切り運動できますね。月会費は、5,700円、もしくは6,700円です。もちろん通い放題です。

http://www.curves.co.jp/

 

「フィッツミー」

あの「健康をはかる企業」タニタがプロデュースする、女性専用30分フィットネスです。

タニタは「健康をはかる」をテーマに、長年研究開発を行ってきて、その研究をベースに、「はかった後のソリューション」として、2004年にサーキットトレーニングを行う女性専用30分フィットネス「フィッツミー」を開設。現在はフランチャイズ店も含め、店舗も全国に拡がっています。「フィッツミー(FITSME)」には、“私にピッタリの”“健康な私”という意味があります。お客様ひとりひとりに「自分らしい健康スタイル」を発見していただきたい…そんな願いが込められているそうです。

独自のサーキットトレーニングで、基礎代謝をアップさせるのだそうです。週2,3回通うことで効果を出すようなプログラムのようです。

http://www.fitsme.jp/

 

「ボディリペア青山」

青山にある女性専用のダイエット・トレーニングフィットネスジムです。ダイエットを目的としたジムです。

「内面の美はトレーニングから、外面の美はエステから」との考えから、マンツーマントレーニングを基本とし、エステも併設しています。トレーナーもエステティシャンも資格を保有したプロフェッショナルな集団です。様々な女性のライフスタイルに合わせ「女性の美」がボディリペアから発信出来ることが私たちの願いです。」というように女性の美に特化しています。とてもきれいになれそうな気がしますね。

料金は90日間完全ダイエットで会員291,600円、ビジター401,760円と決してお安くはないですが、覚悟を決められそうです。人気のため現在、新規会員の受け付けは休止しているとの案内です。

http://www.bodyrepair.jp/

 

フィットネスクラブというと、一昔前はどこに行ってもそれほど変わりはなかったように感じます。でも、この頃はかなり多様化してきたようです。それぞれの人のライフスタイルに合ったフィットネスクラブを選んで、健康的な生活を送ることが出来るといいですね。





SP-006

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)