「冷蔵庫の奥から傷んだ食べ物が・・・」というのは、おそらく誰もが一度は経験のあること。食品をムダにせず、家事の効率を上げる冷蔵庫の収納術、食材の上手な保存方法とは?

【食材保存のコツ】

・透明な袋や容器を使い分け、中身を徹底的にわかりやすく。
・自分で覚えていられる以上の量は買いだめしない。
・すぐ使わない食材は冷凍。期限を気にせず、気持ちがラクに。
・生鮮食品は鮮度が落ちないように、あらかじめ対策を。

【野菜の保存方法】

野菜から出る水分対策が、長持ちさせる秘訣です。野菜の保存には乾燥が大敵ですが、余分な水分は野菜が傷む原因になります。野菜は乾燥を防いで、鮮度を保ち、用途や特徴に応じて保存しましょう。
冷蔵庫の上段には小さな野菜を収納し、ニンニクなどの薬味は、まとめて容器に入れておけば見失いません。使いかけの野菜はラップして1ヵ所にまとめておき、切れ端はハンバーグなどに混ぜて使いましょう。
トマトやキウイなど、熟しやすくデリケートな野菜や果物は、スーパーでもらえる薄いポリ袋でガードして保存しましょう。空気を程よく通しながら乾燥を防ぐので、とても便利です。デリケートなベビーリーフなどは、保存容器に移し替えて、ペーパータオルで水を吸わせておけば、そのまま常備菜のサラダとして手軽に食べられます。
適度な湿度を保つことも大切です。通気口付きのタッパーウェアの野菜保存容器は、適度な湿度を保て、野菜から出た水が溝に落ちる構造になっているので、水をまめに捨てることで鮮度をキープすることができます。
料理の彩りに便利で栄養価も高いパセリは、使いきれずに無駄にしやすい野菜です。水を入れたジャムなどの空きビンにパセリを立てて入れ、さらにポリ袋をかぶせておくと、乾燥を防ぎ、新鮮な状態で保存できます。ハーブ類、クレソンや香菜などの香味野菜などにも、この方法が使えます。
じゃがいもや玉ねぎは、麻袋に入れて冷蔵すれば、長持ちします。

【主食、食材、調理済みのものを分けて冷凍保存】

・ご飯は同じ大きさでラップに
メインの冷凍室の上段トレーは、小分けしたご飯、麺類などの主食類を収納。ご飯は保存容器に一度入れて同じ大きさにしたものを、ラップに包んで並べれば、場所をとらずに入れられます。

・食材は保存容器に入れて冷凍
中段トレーにはウインナー、油揚げ、干物、しらす、チーズなど未調理の食材を保存。納豆やキムチなど意外なものも、冷凍すれば風味を落とさず長持ちします。保存容器は天地を裏返して、中身を見せるのがコツです。

・すぐ食べられるものも常備
下段トレーにはカレー、ミートソースなど調理済みのものを。保冷剤、氷などもここに。フタにラベルを貼って、一目で何が入っているのかわかるので、急いでいるときにも便利です。

・乾燥しやすいパンは買ってすぐ冷凍
パンを美味しく保存するには、開封したてを冷凍しましょう。パンは常温だとどんどん味が落ち、カビやすいので、買ってきたらすぐに冷凍するのがおすすめ。乾燥に気をつければ、解凍しておいしく食べられます。ラップと袋のダブル使いで、密封度を高めることができます。自家製のパン粉なども冷凍して保存しましょう。

・余らせがちな調味料も無駄なし
七味や柚子胡椒など、風味や香りを大切にしたい調味料も冷凍保存しましょう。シャーベット状になり、スプーンですくって使えます。流行りのトリュフ塩なども、長持ちさせたいなら、是非冷凍を。

ほとんどの食材は、容器に移し替える、ラップで包む、調理するなど、ひと手間加えて保存するのがコツです。賞味期限でも食材の味は落ちていくので、美味しく食べるために冷蔵庫に保存する前にひと手間。使うときラクになって、結局は時短にもつながります。それぞれの食材に応じた収納ルールを考え、冷蔵庫に食材をムダに長期滞留させないよう、気をつけたいですね。



146b89a20afa0059f0bee0dc204abec3_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)