当たり前ですが「入浴」=お風呂に入ること。誰もが毎日する日常の行為ですね。住居環境が良くなったことで、冬でもシャワーで済ませてしまう方も多いとか。でも、しっかりとお風呂につかることで得られる効果もあるのです。また、気を付けなければいけないこともあるようです。美容にもいい入浴法など色々と調べてみましょう。


「入浴」

改めて考えてみることはほとんどない「入浴」と言う行為。1日の終わりにゆっくりつかるお風呂は何とも言えない幸福感を感じませんか。「入浴」と言う行為にはたくさんの作用と効果が働いているのです。身体の調子や気分によって入浴温度や入浴時間を変えることで「入浴」の効果をもっと得ましょう。


「入浴」の効果

入浴にはさまざまな効果があります。それにはお湯につかると3つの物理的作用が働くためです。その効果についてみてみましょう。これは医学的に研究・照明されているのです。

※温熱作用
お風呂に入ると温まって疲れが取れる。

皮膚の毛細血管や皮下の血管が広がり、血流が良くなります。それにより体内の老廃物や疲労物質の除去、コリがほぐれ疲れが取れます。また、内臓の働きを助け、自律神経をコントロールする作用もあります。腎臓の働きもよくなり、利尿作用がはたらきます。そして、入浴の仕方によってはヒートショックプロテイン(HSP)が生成され、細胞が活性化し、免疫力アップも期待できます。


※水圧作用
お風呂に入ると全身の血行が良くなる

お風呂に入ると水圧を受けウエストが3~6cmも細くなると言います。この圧力で、足にたまった血液が押し戻され、心臓の働きを活発にし、血液の循環を促進します。また、腹部にかかる水圧が横隔膜を押し上げて肺の容量を減少させるため、空気を補うために呼吸の回数が増え心肺機能が高まります。


※浮力
お風呂に入ると気分がリラックスする

海やプールで体が浮くのと同じようにその力はお風呂でもきちんと働いているのです。

お風呂に浸かると、体重は約9分の1程度になります。普段体重を支えている筋肉や関節は、その役割から開放され、緊張からくる脳への刺激が減少します。見えない身体の負担を軽減することにより、心も開放されてゆくのです。

(出典:バスクリン)

 

「入浴」の美容効果

「入浴」には美容効果も期待することが出来ます。

お肌のためには38~40度程度のぬるま湯がよいと言われています。湯船に20~30分間、ゆったり浸かるなら、低めの温度に設定しましょう。お肌を保湿する成分のひとつ「セラミド」は、40度以上のお湯に長時間浸かると溶け出してしまうそうです。ですから熱いお湯はお肌を乾燥させる原因になりえます。

ダイエット効果を期待する場合にはお風呂に入ったときには首から肩にかけて、ほぐすようにストレッチするとダイエットに効果的です。肩甲骨や首のまわりには「褐色脂肪細胞」という、脂肪燃焼を助ける細胞が集中しているそうです。

 

「炭酸浴」ってどう?

炭酸浴とは、炭酸(二酸化炭素)が溶けたお湯に浸かることです。炭酸が皮膚を通して体内に吸収され、毛細血管が拡張することで、血行を促進する効果があります。古くからヨーロッパではこの炭酸ガスが高濃度で溶け込んだお湯の入浴効果が認められており、天然の炭酸泉を使った療養施設が多く存在してきました。

水道水のお風呂では、体温が上昇して心拍数が上がり、血圧が上がって、全身の血流が良くなります。しかし炭酸泉のお風呂では、二酸化炭素の吸収によって血管が拡張することにより、体温の上昇や発汗とは関係なく、つまり血圧を上昇させることなく血流を良くしてくれる効果があるのです。水道水での入浴と比べ、体への負担が少ない入浴だと言えます。

最近は、自宅のお風呂を炭酸泉にする装置も発売されています。場合によってはそちらを使ってみるのもよいかもしれません。


毎日する「入浴」だからこそよく考えてみたいですね。健康や美容に良い方法で「入浴」出来ればそんなにいいことはありません。今日から質の良い「入浴」をしてみませんか。

hotel_yubune20150221103906-thumb-815xauto-14691
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)