男女関係は、得意・不得意という二通りの人間が存在します。恋愛が得意とする女子や男子の多くは、恋愛を楽しんでいたり、恋愛を糧にして自分の人生の一つのツールとして認識している人が多いですよね。ですが、その反面恋愛など男女関係を不得意とする方たちもいます。

そういった方たちの事を「恋愛下手」とでもいいましょうか、なんにしろ人としては十分付き合いが出来るのに、いざ恋愛に発展した時に、その下手さ加減が急増してしまうのです。恋愛に下手も上手いもあるの?なんて思われてしまうかも知れませんが、恋愛にも人間関係にも得意・不得意はあるのです。
その証拠に「一体この子の何がいけないのかな?」と感じる女子でも、一人の男子と中々長続きする恋愛が出来ない人もいるでしょう?

そういった方たちを、俗に「恋愛下手」というのです。そのご本人たちは、自分たちの事を「恋愛不適合者」なんて卑下する言葉を使っていることがありますが、恋愛は見方や経験の違いで、得意・不得意になっていくのです。

しかし、もともとからして恋愛をしても続かないし、難しい…と人生の中で切り捨てる必要なんてありません。でも、その恋愛下手の方たちには共通点があって、プラスしてそれらのことをマイナスポイントとしてとらえていないという方たちが多いのです。

「なんで、私はこんなにも恋愛が下手なのだろう?」と頭を悩ませている女子・男子!今回は、恋愛下手女子・男子が思わずしちゃっているタブー行動をお話していきたいと思います。


【恋愛下手女子・男子が思わずしちゃっているタブー行動とは?】

♦メールやLINEでは素直になるのに、直接会っている時はツンとしている

自分の言葉で発することを苦手とする人に多いかもしれませんね。こういう事は、女子に多くLINEやメールなど何回も消したり出来るツールでは素直になれるというケースが多いです。ですが、こういう女子や男子の場合、会っている時はツンとしている、もしくは相手に素直に甘えて自分から歩み寄ろうとしない。

でも、お互い家に帰宅した後などに、にゃんにゃん系のLINEやメールを送ってくる。とても勿体ない方法ですよね?もしも、これが反対でLINEやメールが素っ気なかったとしても、会っている時は素直に甘えたり嬉しい!という気持ちを全面に出す方が、相手はきっと嬉しいってなぜわからないのでしょうか?

自分がされて嬉しい事は、きっと相手も同じだという事、そして相手が甘えてきていくれる、相手が何かしら気にかけてくれるという甘えから、こういう行動に出てしまうのでしょう。


♦恋愛は飽きるかもしれない、飽きられるかもしれないという不安を抱えて行動している

恋愛にはマンネリという憑き物があるかもしれません、当たり前に思いたくないし思われたくない!という願いはきっと誰しもが持っている思いでしょう。ですが、マンネリもある意味考え方です。マンネリに感じたのなら改善策を考えればいいし、思いたくないのならそうならないように自分だけでも努力をしたらいいのです。

とはいえ、恋愛下手女子・男子たちは、その飽きるという感情を最大の悲劇と考え、そうならない為に何かするでもなく、自分自身で不安をどんどん募らせていくのです。


♦依存しないために違う異性とも遊びに行ったりしている

そしてこちらも、浅はかに考えた結果、相手を不安にさせてしまいENDとなってしまうパターンです。依存したくないという気持ちを持つのは悪い事ではありません。ですが、自分の依存したくないという思いだけで相手が嫌がることをやってのけるのはいかがなモノでしょう?

先ほどにも書きましたが、自分がされて嫌な事はしないという考えは、友人や他人に対してなら持てるのに、いざ恋愛になってしまうと自分の事しか考えられなくなってしまうのでしょうね。依存から逃れる為にした行動は、相手からも逃れられる可能性が十分にあるということを頭の中に入れておきましょう。


♦ドラマや漫画の見すぎで、波風をわざと立たせようとしてしまう

やっぱり恋愛には波風があって、ハラハラドキドキの方が飽きないんでしょ?と思っている女子は少なくありません。これは女子に対してのお話になりますが、男子は恋愛にハラハラドキドキをずっと感じていたいなんて思っている人はマレです。

けれども、女子のように小さな事でも「私達、もうダメかも…」なんて言われちゃったりしたら、この先ずっと仲良くなんてことはなく、疲れていってしまう一方ですよね。恋愛下手は、自分よがりになってしまう人が多いのかもしれません。もっと相手の事を思い合い、寄り合う気持ちを大切にすることで、もっと恋愛の楽しみを見つけられると思います。

みんなの電話占い|口コミ数業界No.1

CON_udekumu8615092102-thumb-815xauto-13062

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)