あなたは高齢出産って何歳から言われるか知っていますか?現在の考え方では35歳からといわれています。 35歳というと独身でもおかしくない年齢ですよね。高齢出産は私たちの身近な問題です。今妊娠していない人でも、しっかり予習しておきましょう。

高齢出産がもたらす様々なリスク


 

出典:pixabay.com

 

高齢出産は様々なメリットを私たちにもたらしてくれるものですが、そこには悲しいことにたくさんのリスクもあります。

しっかり知っておきましょう。

 

1.流産

 

年齢関係なく女性なら流産のリスクがあるものですが、全年齢の女性が流産確率15%に対し35歳以上の女性は20%と5%も跳ね上がるんです。

 

どうしてもそんなことになってしまうかというと、女性は生まれたその日から卵子となる細胞が存在していて、その細胞は毎月卵子となり排卵していきます。

 

そして細胞は年齢を重ねるごとに減っていき、健康さを失っていくんです。健康ではない卵子だと赤ちゃんが育ちにくくなり、流産をしてしまう確率が跳ね上がってしまいます。

 

もちろん年齢の問題だけとは限りませんが、そういったリスクがあることは事実なんです。

高齢出産は流産や早産などのトラブルのリスクが高くなります。

全年齢を対象とした流産リスクは15%前後ですが、35歳以上の妊娠の場合流産の確率は20%程度と言われています。

出典:maternity-march.jp

 

2.染色体の異常が起こってしまう可能性がある

 

染色体の異常は高齢であるほど起こりやすく、この状態が起こると発達障害の子供が生まれやすくなってしまいます。

 

現在ではダウン症の子供かどうかを確認する方法もありますが、そういったリスクがあることも知っておかなければいけませんね。

 

3.妊娠高血圧症候群

 

むくみ・蛋白尿・高血圧などが起こる現象です。

重症化すると母子ともに危険な状態になり命を落とすこともあります。

 

昔は妊娠中毒症と呼ばれこれによってなくなる人が多かったのですが、現在では食事や健康状態の維持、早期発見によりある程度は防げるようになっています。

妊娠20週程度でも起こる現象なので、少しでもおかしいな・・・と感じたら直ちに医師に相談しましょう。

 

高齢出産はデメリットだけじゃない♪こんなメリットもある


 

出典:pixabay.com

 

リスクの話ばかりしましたが、高齢出産には女性にうれしい大きなメリットもあります。

あまり悲観せずにメリットも知って未来に希望を抱きましょう。

 

1.心に余裕がある状態で子育てができる

 

若い母親の場合、人生経験が浅くどうしても気持ちに余裕が持てません。その点、人生経験が豊富な大人の女性の場合は感情のコントロールを上手にできます。

 

また赤ちゃんは自分が想像もできてない行動をとることがあります。そういったときにパニックにならずに、冷静に取り組める心の余裕があることはとてもメリットが大きいんですよ。

 

出典:pixabay.com

 

2.経済的余裕があるので、赤ちゃんに迷惑をかけない

 

みんながみんなそうではありませんが、結婚や出産が遅いと経済的に裕福な女性が多く、余裕がある暮らしができることがあります。

 

最近ではしていない人も多いですが、結婚資金を長年ためてきた人は貯金も多く赤ちゃんに様々なサポート付与することができます。

 

高齢で赤ちゃんを育てるとなると、やっぱり体力的に疲れてしまう人も多いのですが、経済力があれば福祉施設の助けを頻繁に受けることができます。

 

3.妊娠、出産によって若返りきれいになる

 

妊娠出産は女性ホルモンを大量に分泌させるので、それによって若返る女性がいます。

やっぱり若く見えるとうれしいですよね。

 

それに出産によって乳がんなどの婦人病に、なりにくくなることもわかっています。

つまり若々しく長生きができてしまうってこと。

これって女性にとって大きなメリットですよね。

 

出典:pixabay.com

 

 

赤ちゃんを安全に出産するために今からでもできること


 

出典:pixabay.com

 

高齢女性が出産するにはいろいろなリスクがありますが、今からでも対策をしておけば少しでも安全に出産することができます。

 

今からでも対策をしていきましょう♪

 

1.妊婦検診を欠かさず受けよう

 

妊婦検診では、超音波検診や血液検査などの細かい検査を受けることができます。

 

この検診きちんと受ければ、流産の傾向を直ちに知ることができます。多くの切迫流産は傾向を早めに知り安静にすることで、回避することが可能なんです。赤ちゃんの健康のためにはかかさず受けましょう。

 

2.やっぱり体が資本!体力をつけておこう

 

心は若くてもやっぱり体はそれなりです。

出産は体力を使う上に、退院後すぐに子育てが始まるので大変!

帝王切開の可能性も捨てきれません。

 

そういった状況を考えるとやっぱり大切なのは体力!

妊娠中でも運動をしておいた方がいいですよ。

 

出典:pixabay.com

 

最近ではマタニティヨガなど、妊婦さん向けの運動を教えてくれるところがあります。

できたら積極的に参加しましょう。

 

3.甘いものや塩分を含んだ食事には気を付けて!

 

食事にも気を付けたほうがいいです。妊娠中に甘いものを取りすぎると、血糖値が上がり精神不安定の原因になります。

 

4.塩分の取りすぎは、妊娠高血圧症候群のリスクを高める

 

今まで食事に無頓着だった人も、妊娠中は食事内容を改めましょう。

 

野菜を中心とした健康的な食事をすることで、流産や難産のリスク抑えることができます。

 

出典:pixabay.com

 

 

高齢出産はリスクを伴いますが、同じくらいメリットもある素敵な出来事です。

でも安全な出産をするためには、いろいろな対策を知っておく必要もありますよね。

 

ぜひ今回の記事をお役立てください。



関連記事

・2016年のバーベキューは焼きフルーツを加えて一味違ったテイストを♪

・本当のおしゃれはルームウェアから!新作ルームウェア特集

・彼の誕生日や記念日のプレゼント♡きっと喜んでもらえるプレセントおすすめ10選