スーパーで野菜コーナーを見て回ると、購入しやすい低価格で売られているのがもやしですよね。安さが魅力の野菜だから購入しているという女性も少なくないと思います。そこで今回は、もやしの栄養と効果的な食べ方をご紹介していきますよ。もやしの魅力を徹底解明していきます♪

もやしの豆知識☆主なもやしの種類と特徴


 

出典:jp.pinterest.com

 

もやしには、大きく分けて3種類あるってご存知でしたか?すべて工場のクリーンな環境の中、水だけで育てられているもやし。気候に影響されない環境が、低価格を実現していることのひとつです。それぞれのもやしの特徴を簡単にまとめてみました☆

 

 

・緑豆(青小豆)もやし

 

出典:www.fujifoods.co.jp

 

スーパーで一番多く見かけるもやしが、緑豆もやしです。現在、市場の約90%を占めています。特徴は太くてみずみずしいことです。幅広い料理に向いている万能もやしです。

 

 

・大豆もやし

出典:www.fujifoods.co.jp

 

大豆もやしの特徴は一目でわかります。それは豆がついていることです。豆の食感も楽しめる大豆もやしは、韓国料理によく使われています。

 

・ブラックマッペ(黒豆)もやし

 

出典:www.fujifoods.co.jp

 

ブラックマッペもやしの特徴は、やや細く少し甘みがあって他のもやしよりシャキシャキした食感が味わえることです。昔から親しまれているもやしはブラックマッペもやしです。

 

栄養があるってホント!?もやしの主な栄養素と効果♡


 

出典:enechange.jp

 

もやしには栄養がないって聞いたことありませんか?もやしには栄養がないどころか、たくさんの栄養素が含まれているんです。もやしの主な栄養素とその効果を見てみましょう♡

 

 

・ビタミンC

 

もやしの種子にはほとんど含まれていないビタミンCが、成長過程で5倍の含有量にアップします。ビタミンCの特徴は、水に溶けやすい水溶性ビタミンということが挙げられます。

 

ビタミンCには、美肌効果、シミ予防効果、肌荒れ防止効果などの美容面の嬉しい効果にプラスして、疲労回復効果、免疫力アップ効果、鉄分吸収サポート効果などの健康にいい効果があります。ちなみに、3種類のもやしの中でビタミンCを一番多く含むのはブラックマッペもやしです。

 

 

・ビタミンB1

 

皮膚や粘膜の健康に保つためのサポートをしてくれるビタミンB1を含んでいます。美肌効果が期待できますね。ちなみに、3種類のもやしの中でビタミンB1を多く含むのは大豆もやしです。

 

 

・食物繊維

 

もやしの食物繊維は水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方が含まれています。便秘解消効果、便秘予防効果が期待できます。

 

また、水溶性食物繊維1に対して不溶性食物繊維2の割合で摂ることが腸内環境を整える理想的なバランスと言われています。ちなみに、3種類のもやしの中で食物繊維を多く含むのは大豆もやしです。

 

 

・アスパラギン酸

 

アスパラギン酸は、スタミナアップ効果や疲労回復効果がある栄養素です。驚くことに、大豆もやしにはアスパラガスの約2倍のアスパラギン酸を含んでいます。ブラックマッペもやしにはだいたいアスパラガスと同じくらいのアスパラギン酸を含んでいます。

 

 

・カルシウム

 

カルシウムは、骨や歯を健康に保つ必要不可欠な栄養素ですよね。ちなみに、3種類の中で大豆もやしが一番カルシウムを多く含んでいます。

 

 

・カリウム

 

カリウムは、利用作用やむくみ解消効果があります。大豆もやしが3種類の中で一番多くカリウムを含んでいます。

 

栄養素の特徴から考える☆もやしの効果的な食べ方


 

出典:www.orangepage.net

 

もやしの栄養素が持つ効果を得るためには、もやしに含まれている栄養素を壊さずに摂取することが大事ですよね。ビタミンCは水溶性ビタミンなので水に溶けやすく、また、熱に弱いという特徴があります。

 

さらに、水溶性食物繊維も水に溶けやすい特徴があります。もやしを洗うときには素早く洗ってパパッと調理してたいですね。そして、シャキシャキした食感を残しているもやしを食べましょう☆

 

もやしの栄養をしっかり摂ろう♡もやしのレシピ3選


 

出典:www.fujifoods.co.jp

 

もやしに含まれる栄養素をなるべく多く摂取するためのおすすめレシピを3つピックアップしてみました。もやしの大事な栄養素であるビタミンCと食物繊維を壊さないための工夫も一緒に紹介していきます♡

 

 

・【炒める】小エビともやしの炒めもの♡

 

出典:jp.pinterest.com

 

もやしを炒めるときの工夫は、「最後に加えてサッと火を通すこと」です。作り方は簡単です。ごま油をひいて小エビを炒めたら、もやしを入れてサッと炒めて、醤油と塩こしょう少々で味を整えたら出来上がりです。

 

お好みでごま油をひいたあとに刻んだニンニクを加えて風味をつけても美味しくいただけます。小エビは低カロリー高たんぱくで、ダイエット中に好まれる食材でもやしとの相性もいいです。美味しくてヘルシーなレシピですよ♡

 

 

・【茹でる】もやしと小松菜のからし和え♡

 

出典:www.recipe-blog.jp

 

もやしを茹でるときの工夫は、「お湯が沸騰してからサッと茹でること」です。ビタミンCをなるべく壊さず摂取するコツですよ。作り方は、小松菜ともやしをそれぞれ茹でてお湯をきり合わせます。計量カップにだし汁3、醤油1、酒1を入れて、からしを少量加えたらよく混ぜ合わせます。最後に和えて出来上がりです。

 

小松菜には、カルシウム、鉄分、ミネラルが豊富な食材で、コラーゲンの主成分のプロリンが多いのも女性には嬉しいですね。簡単に作れて美味しい1品です♡

 

 

・【スープにする】もやしの味噌汁♡

 

出典:www.ajinomotofoods.com

 

もやしを使ってスープにするときの工夫は、「最後にもやしを入れて火を通しすぎないこと」です。シャキシャキした食感を残しましょう。スープのいいところは、水に溶けだしたビタミンCや水溶性食物繊維も摂ることができることです。

 

味噌は健康にいい発酵食品として注目されているので、味噌汁にするのもおすすめですよ。もやし以外の具材は、好きな食材や季節の食材を加えて1年中美味しく食べられます♡

 

 

いかがでしたでしょうか?もやしには栄養がたくさん含まれている低カロリーな食材です。少しだけ調理法を工夫して上手に栄養を摂りましょう。ぜひ参考にしてみてください♪



関連記事

・おしゃれに暑さを和らげよう!観葉植物で涼しいお部屋に♪

・いつものコーデがグッとお洒落に!大人気のチョーカー集めました♡

・本当のおしゃれはルームウェアから!新作ルームウェア特集