お仕事やデートなどで、高級レストランに招かれても大丈夫なよう、食事の基本マナーはしっかりと身につけておきたいですよね。今回は、これさえ知っておけば、余裕をもって心からお食事を楽しむことが出来る洋食のマナーを詳しく、そしてわかりやすくご紹介していきます。ぜひ参考にして、いざという時に困らないようにしてください。

 

 

食事前の基本のマナー


 

出典:www.nitcho.com

 

洋食レストランでは、レディーファーストが基本です。

お店に着いたら、案内の方について席までエスコートしてもらってください。

席に案内されたら、椅子の左側に立ち、お店の人や、男性に椅子を引いてもらってから、座るようにしてください。

ちなみに、上座に座るのは女性です。

洋食での上座とは、眺めの良い席や、出入り口から遠い席の事を指します。

 

席に着いたら、手持ちのバッグは、背と椅子の間においてください。

お皿の上にあるナプキンは、最初のお料理が運ばれてくる少し前に取り、二つ折りにして膝の上においてください。

 

食事中の基本のマナー


 

出典:woman.mynavi.jp

 

さて、いよいよお食事ですが、お料理が運ばれたら、セットしてあるナイフとフォークは外側から使っていきます。

あらかじめセットされていない場合は、その都度ウェイターが持ってきてくれるので、その順に使ってください。

 

 

お料理は一口で食べられる大きさに切って食べてください。

万が一食事中に席を立つ場合、ナイフの刃は内側に、フォークの背を上にして、八の字の形にしてお皿においてください。

食べ終わったら、ナイフの刃は内側にし、フォークは上にしてそろえて、四時の方向に斜めにおいてください。

 

ナイフやフォークを落としてしまっても、自分で拾ってはいけません。

近くにいるウェイターに頼みます。

 

<スープの飲み方>

 

出典:news.mynavi.jp

 

手前から向こうへすくい、一口ですすらないで食べてください。

最後に少し残ってしまっても、無理に飲まなくて良いです。

 

<パンの食べ方>

 

出典:news.mynavi.jp

 

パン皿の上で一口大にちぎり、バターナイフでバターをつけて食べてください。

パンを食べ始めるのは、正式にはスープが終わってからです。

 

<魚料理の食べ方>

 

出典:macaro-ni.jp

 

フォークで頭の部分をおさえ、中骨に沿ってナイフを入れてください。

身の内側にナイフを入れて、上身をはがして手前に置き、左側から一口サイズに切って食べてください。

上身が食べ終わったら、骨をはずし、向こうに置き、下身も同様に食べます。

 

<肉料理の食べ方>

 

出典:news.mynavi.jp

 

左側から一口大に切り、フォークで食べてください。

あらかじめ細かく肉をカットしてから食べるのはやめましょう。

 

<フィンガーボウルの使い方>

 

出典:y.sapporobeer.jp

 

フィンガーボウルは、指先を洗うためのもので、手で食べても良いですというサインです。

親指と人差し指、中指を片手ずつボウルに入れて、優しくすり合わせるようにして使ってください。

 

絶対にやってはいけないNGパターン


 

出典:www.bridal-inoue.com

 

・ワインなどの飲み物を注がれる際、グラスを持ち上げてはいけません。

そのまま注いでもらいましょう。

 

・食事の際に手皿をしてはいけません。

 

・グラスについた口紅はナプキンでふき取ってはいけません。

あらかじめナプキンで唇をふいておくのが望ましいですが、万が一グラスに口紅がついてしまったら、指でふき取り、その指をナプキンでふきましょう。

 

出典:macaro-ni.jp

 

いかがでしたでしょうか?

意外と勘違いして覚えてしまっているものもあるかと思いますので、これを機にしっかりマナーを身につけて急なお誘いでもスマートな振る舞いが出来るようにしましょう♡



関連記事

・「君の名は。」が大HIT!純愛を描いた新海誠作品の数々にキュンとする♡

・憧れブランドでも手が届く♡ハイブランドのプチプラグッズ特集

・かわいすぎる...!休みの日はキャラクターちぎりパンに挑戦♡