涼しい日が増えてきました。季節の変わり目の行事といえば、衣替えですね。 片付けをしているうちに収納しきれなくなってしまったり、数日かけてもなかなか終わらなかったり。 衣替えやクローゼットの整理が苦手という方、今回はすっきりスムーズに衣替えができるためのコツをご紹介します。

不要な服を処分する


 

出典:jp.pinterest.com

 

毎年変化する流行に合わせて洋服を新しく買うことはとっても楽しいですよね。

でも増えていく一方の洋服の収納に困ってしまうことも。

衣替えは今持っている洋服を見直し、減らしてクローゼットを整理するチャンスです!

 

1.まずはクローゼットの服を全て出しひと通り目を通します。

全体を見ずに1枚づつ見て考えていくと、処分しない服がどうしても増えてしまいますが、全体を見ることで意外に着ていない服が多いことに気づけます。

 

2.不要な服を処分していきますが、服を手にとって長時間考えると“捨てない”理由をどんどん考えてしまうので、できるかぎり数秒での決断をしましょう。

 

3.服は“捨てる服”“来年も着る服”“保留”の3つに分けます。

保留の服は、次のシーズンに再度考えて“着るか着ないか”を決断します。

あまり着ないけど捨てるにはまだもったいないものは、リサイクルショップやフリーマーケットに出すとよいですね。

 

 

 チーム分けして収納


 

出典:rakuma.rakuten.co.jp

 

服を季節ごとにチーム分けして引き出しや収納ケースに入れておけば、チーム分けしたかたまりごと入れ替えることができるので衣替えが楽になります。

1年中着る服は一番出し入れしやすい場所にしまうこと。

 

チーム分けの例としては、

・真冬に着る厚手の服

・秋冬用の薄手の服

・春夏の薄手の服

・真夏だけの服

・1年中着る服

 

素材別でも良いですし、着る頻度別でも自分が収納しやすいチームで分けて収納しましょう。

収納しても、どこに何があるのか分からなくなってしまうと台無しなので、それぞれのケースにラベルを貼ったり中身が見えるケースにしまうなど、どこに何があるかちゃんと把握できるようにしておきましょう。

 

 収納のコツ


 

出典:jp.pinterest.com

 

・ニットやカットソー、スカートやパンツもたたみ上がりが四角い形になるようたたむと収納しやすくなります。

 

・ケースに服を立てるようにして収納するとシワになりにくく、また探しやすいので便利です。

きっちりと詰め込むようにしまうこと。

 

・セーターやフリースなど厚みがあるものは巻いて筒状にするとたくさんしまえます。

 

・シワになりやすいものや自分でアイロンがかけられないものは、たたんで平らに寝かせて積み重ねてしまいます。

多く重ね過ぎるとシワになるので注意。

 

・ポールにかけて収納するのは、オンシーズンの服などよく着る服をかけておきましょう。

ぎゅうぎゅうにかけてしまうと取り出しにくい上、シワになりやすくなってしまいます。

 

・湿気は部屋の下の方にたまりやすいので、湿気に弱いウールやカシミアなどの衣類、革のバックやベルトはクローゼットのなるべく上の位置に収納しましょう。

 

・上段の方にしまうケースは、落ちてくると危険なので布製など軽いも素材のものがおすすめです。

 

 防虫対策もしっかりと


 

出典:item.rakuten.co.jp

 

きれいに収納ができても、衣類が虫食いなどにあってしまったら台無しです。

防虫対策もしっかりとしましょう。

収納するときはキレイに洗濯やクリーニングをしてから収納をしないと、虫食いに合いやすくなります。

 

防虫剤の成分効果は上から下に向かって流れていくので、収納した衣類の上に置くのが基本です。

スペースに対して量が少ないとじゅうぶんな効果を得られないので、製品の使用法や使用量をしっかり確認して使いましょう。

 

 

整理整頓や衣替えが面倒だったり苦手な方は、好きな音楽をBGMにしてみたり、洋服が好きなお友達にジャッジしてもらうなど楽しみながら進めていけるように工夫をしましょう!



関連記事

・そろそろ切り替えちゃう?オトナ女子が使うべき2017年の手帳5選♡

・絶対に覚えておきたい食事のマナー【洋食編】

・2016秋新作スポーツウェア特集!アクティブに行こう☆