好評かどうかわからない、「使ってみました」シリーズ第4弾。編集部の許可を得ずに、勝手にシリーズ化しています。前回はデリケートゾーン用ソープを大人買いしてその使用感を試してみました。今回の大人買いアイテムは、締め付けないブラ。ブラというよりも、ブラの役割をする下着です。

締め付けられたくない!


 

出典:weheartit.com

 

年齢とともに、ひしひしと締め付けの厳しさを感じています。

若いころはよく「おしゃれは我慢」と言われていたので、足に合わないハイヒールを履いたり、寒いのにヘソ出しファッションをしてみたり、頑張っていたのです。

 

でも、我慢していいことなんて何もありません。

足は外反母趾になりました。

冷え性で慢性便秘に苦しむようになりました。

もう女の子が我慢するなんて時代錯誤なんですよね。

 

というわけで、ブラの話。

一応勝負下着を何着か持っていたら、普段はこんな窮屈なものつけなくてもいいのではないかと思ったのです。

それでは、形が崩れてしまうのでは?って悩みますよね。

ハイ、悩みました。

 

これでも一応Dカップなので、大きさというよりも年齢による形の崩れが心配です。

だからって、ワイヤーで支えることが自然なのか?なんて思ってしまいます。

 

最近では「育乳」ってブームなのですか?

ワキから、おなかからお肉を寄せ集めてブラに詰め込むみたいな作業。

寄せて上げて盛るブラは巷にあふれているようですが、もう締め付けられたくないのです。

だからと言って、今の形が崩れてしまうのも嫌なのです。

できれば、寝ている時も楽して美乳を育てたい。

 

そんなわがままを叶えてくれる下着があるのか、検証してみました。

締め付けが嫌いな女子は是非最後までお付き合いください。

 

ユニクロ ブラトップシリーズ


 

出典:jp.pinterest.com

 

まず、一番有名なところから。

今や福山雅治さんの奥様となられた吹石一恵さんのCMで一躍大ヒットとなった、人気アイテムです。

 

カラーバリエーションやデザインも豊富なので、色々なシーンで使うことができるノーブラ派の代表格。

これは発売当初から使っているのですが、結論から申し上げてやっぱりバストの形は崩れます。

それでもかなり愛用していました。

 

過去形です。

夏場の重ね着は暑いので、あまり使用しませんが、冬のヒートテックのブラトップシリーズはやめられませんでした。

特に七分袖のヒートテックブラトップは色違いで1週間洗濯をしなくてもいいくらい持っています。

なぜかというと、冬は乾燥するので、ブラの締め付けのラインに沿って、かゆみが出てしまうのです。

同じような人はいませんか?

 

どうせ、ブラの上からヒートテックを着るのなら、一緒に着てしまった方が楽ですし、冬場はあまり体のラインがはっきりとわかるような服を着ないので、あえてブラをしなくてもいいかなという甘い気持ちが、バストの形もなだらかに崩壊させていきました。

 

出典:jp.pinterest.com

 

そして、案外寝るときはブラトップもアンダーバストの締め付け感があるという事実。

ヨガのクラスで着るにしては下着っぽいという悲しさ。

そして発売当初からどんどん上がる単価。

今あるものがボロボロになったら随時捨てて、これ以上増やさないことを誓ったのでした。

 

そもそも化学繊維のヒートテックを敏感肌の人が着ちゃダメよって皮膚科の先生にも言われてしまいました。

過去の投資額は相当なものなので、意気消沈です。

 

ヒートテックはさておき、ブラトップ自体は寝る時を抜かせば、ブラをしているより楽なので、たまに身体を休ませてあげたい日や、ファッションによって使い分けるのがいいと思います。

 

GU ブラフィール


 

出典:www.instagram.com

 

一時期、ユニクロのブラトップの値上げが続いて我慢が出来ず、GUのブラフィールに走ったことがあります。

同じ会社だし、安いし、デザインはユニクロより豊富で可愛いものが多いし♪と。

 

しかし、安かろう悪かろう。

GUのブラフィールはとても毛玉になりやすいです。

バストトップから毛玉になっていくんですよね。

せっかくかわいいデザインだからチラ見せくらいしたいのに、肝心なところが毛玉になるなんて!!

 

安さの秘密は生地にあったんですね。

GUは大好きですが、残念ながらブラフィールは完全に肌着として買うか、ファッション性の高いものを何回かで使い捨てる覚悟で買った方がよいと思います。

バストの形を保つ機能なんて期待してはいけません。

 

トリンプ スロギー


 

出典:jp.triumph.com

 

100点満点中200点!!もう沸点超えすぎ!なくらいイイです。

 

どこを見ても縫い目が見当たらないシームレス。

タグすらなくて縫い付けてあるので、どこもチクチクしない。

肩紐が細くないので、くい込みによる痛みもなし。

かぶれもなし。

パットが入っていて、バストの形もキープしてくれる。

寝るときにもノーストレス。

 

ブラは断然ワコール派だったのですが、もっと早く出会いたかった。

スロギーちゃん。

トリンプの大ファンになってしまいました。

 

出典:www.instagram.com

 

ワイヤーなしでここまでキープしてくれるとは優れものです。

裸でいるのと同じ感覚なので、アウターに一切響きません。

 

例えば、ベーシックな白いシャツの下に着けていたら、普通ブラ線が透けて見えるものですが、スロギーのベージュを中に着用していると、絶対ノーブラだと思われます。

それくらい肌に馴染んでしまうんです。

 

カラーは豊富ですが、白いシャツの下に着用するなら絶対ベージュがオススメです。

私の場合、最初の一枚にベージュのハーフトップタイプ(2,800円)を選んだのですが、タンクトップタイプも冬に向けてほしいのです。

 

でも、値段が5,800円…。

ユニクロのブラトップを3枚捨てたらスロギーを1枚買ってもよいという決まりを作ろうと決意しました。

 

ラブリーナイトキャミソール


 

出典:www.amazon.co.jp

 

ユニクロのブラトップや、スロギーを使ってみて気づいたことが1つありました。

バストを開放してあげると、お腹まわりまで楽をしようとして緩んでくるのです。

体中が日中の締め付けに悲鳴をあげていたんですね。

 

でも、これはいただけません。

バストは育ててナンボですが、お腹回りまで緩めて育てる気はさらさらありませんので。

お腹には少し我慢してもらわないと。

そう思い、高いスロギーの代わりにナイトブラとして使えるものはないかと探していた時に出会ったのが、磯山さやかさんプロデュースのラブリーナイトキャミソールです。

 

グラビアアイドルのプロデュースというだけあって、しっかりバストは寝ている間に底上げしてくれて、ウエストや骨盤まわりはひきしめてくれるという補正下着のようなものです。

引き締めといっても、ウエストニッパーのように完全に引き締めるわけではないので、寝るときに息苦しさはありません。

胸元は解放感があるのに、ウエスト周りに引き締め感があるのは罪悪感がなくて心地よく眠りにつけました。

 

定価は2,654円なのですが、ネット通販で千円ちょっとで買えたので、すごく満足度が高く、リピート買いしてしまいました。

 

バストからウエストから何まで解放して一切の締め付けなしで眠りたいという人にはキャミソールではなく、ラブリーナイトブラの方をオススメします。

 

出典:www.amazon.co.jp

 

他にもいくつか試してみたのですが、あまりに失敗過ぎて紹介することも憚られるものだったので、今回はいかにスロギーが素晴らしいかの宣伝みたいになってしまいました。

 

 

スロギーは1枚しか持ってないので、昼の白服ローテに投入して、夜はラブリーナイトキャミで育乳しながらお腹を引き締めたいと思います。

皆さんも締め付けてばかりは身体によくないので、たまには楽な肌着の開放感を味わってみてくださいね♡



関連記事

・これであなたも収納上手!プチプラで整理に使える小物

・聖なる夜には甘い香りが恋しくなる♪バニラのフレグランスでふんわりかわいい女子を目指して

・忘年会シーズン到来!今年最後の締めくくり、あなたは何を着ていきますか?