ネイルと一緒に手元を彩ってくれるのがシルバーやゴールドの指輪。ブランドメーカーの物からちょっとしたプチプラ系まで、多く持っている女子も多いのではないでしょうか。 もちろん、お出かけやデートにも大活躍のはずですが、好みのネイルと合わせた時に、あれ・・・?と思う瞬間、あったりしますよね。 そこで、今回はネイルデザインではなく、ネイルカラーと指輪の「相性」、つまりピッタリ合う組み合わせ方を基本から応用まで簡単にご紹介していきます☆ 指輪だけ、ネイルだけでは「本当のキレイな手元」は完成しません。両方をピッタリ合わせてこそキレイな手元、キレイな指先を演出できます。是非ご一読下さいね。

ファッションと同じ「統一感」が大切。ネイルと指輪も色彩で変わる!


 

出典:jp.pinterest.com

 

時々耳にする「統一感」や「色彩」という単語。どういう意味かご存じでしょうか?

色彩はファッションやメイク、ネイルやヘアカラーまで、様々なシーンで使われていますね。

意味としては「彩り」や「色合い」となります。「この○○、色合いがいいですね」なんて言葉、テレビ番組で聞いた事があると思います。

 

さらにこの「色彩」には組み合わせの善し悪しもあるんです。現在流行している「パーソナルカラー」はこの色彩の組み合わせをその人の肌や髪、瞳の色に最も合う組み合わせて提示しているもの。

このパーソナルカラーに沿った色彩でファッションやメイクをすると自然に「統一感」が出てきます。

手は9割近くが肌の色。手にファンデーションを塗る方はいませんので、この「色彩」と「統一感」が大きな割合を占め、指輪とネイルの相性にも反映されてきます。

 

ここからご紹介していくのは、あくまでも一般論と考えて下さい。

シルバーの指輪が好き!という場合でも、シルバーの指輪と自分の肌に合ったネイルカラーというのは人によって大きく変化してきます。場合によってはシルバーと暖色ネイルが合う場合ももちろんあります。

一度、ご自身に合う色はどんな色なのか、簡単にでもチェックしてみるといいかもしれませんね。

 

基本編:ゴールドは暖色、シルバーは寒色ネイルと合わせる


 

1.ゴールドは明るい・華やかなカラーリングで

 

出典:jp.pinterest.com

 

女性らしく、上品な印象を持たせるゴールド。合わせやすいカラーリングは、やはり同系色のイエローやピンク等の華やかなカラー。

 

「明るく、イエローの色味が強い色」と覚えておけばまず間違いないでしょう。

もちろん、これからの季節に活躍しそうなボルドーや鉄板カラーのベージュ、ブラウンもバッチリ。

ただ、ゴールド自体が自己主張の激しいアクセサリーですので、ネイルはできるだけシンプルに、あまり飾り付けないものがオススメ。

 

フレンチや単色のベタ塗りネイルならしっくりくるはずです。

指輪とネイルデザインが「喧嘩」しないように、互いのバランスを上手く保ちながらネイルカラーやデザインを決めていくのがベターですね。

 

 

2.シルバーはオトナ女子を意識。ちょっとクールな色で「色気」を演出

 

出典:jp.pinterest.com

 

何にでも合わせやすいと思われがちなシルバーですが、やはりこちらにも相性や合うカラーリングは存在します。シルバーの印象を無視したネイルだと、互いの良い部分を打ち消してしまう事になりかねません。

シルバーはゴールドの対称カラー。女性らしい上品な印象のゴールドに対し、ちょっとスパイスの利いたクールビューティーなイメージのネイルデザインにするとピッタリはまります。

 

特にブルーやパープルのネイルカラーはまさに「クールなオトナ女子」。色気抜群のオシャレでカッコイイ手元を演出できますよ。

シンプル&クールも素敵ですし、ちょっと個性を出して大胆にデコレーションしたネイルデザインでも違和感なく馴染ませる事ができます。

自分らしさを出せるのも、シルバーアクセの大きな強み。上手く活用してみて下さい。

 

応用編:少しの「抜け感」がgood♡一手間アレンジにチャレンジ


 

基本編だけでは何となく物足りない、キレイめ過ぎる・・・と感じた場合はちょっと「一手間」加えて抜け感を出してみましょう。

指1本だけカラーリングを変えてみる、2色を使ってネイルデザインしてみるだけでも、一気にアレンジの幅が広がっていきますよ♪

 

 

出典:kaumo.jp

 

スカイブルーのネイルにシルバーのリング。ここまでを鉄板に仕上げ、ほんの少しの「遊び」として薬指のネイルをガラリと変えていますね。

完璧にまとめあげてしまうよりも個性的、かつ大胆な外し方ではないので、違和感がありません。

 

「すっごくオシャレ☆」と感じるのは、ちょっとした遊び心。

オシャレ度を劇的にアップさせる秘訣でもあります。

 

この点はファッションやメイクでも共通点があります。重要なのは「基本を外さない」事。

この部分を押さえておけば、アクセントは素敵なオシャレポイントになってくれます。

 

出典:www.cosme.net

 

こちらも人気の2色使いネイル。暖色と寒色を組み合わせるという荒技でも塗り方で可愛く見えてしまうのがネイルの強み。

これならゴールド、シルバーのどちらでもピッタリ合わせる事ができます♡

 

交互に塗っておくことで暖色と寒色の色合いを均一にし、左右のイメージを変化させない事によって指輪の選択肢を広げておくと、左右両方つけたい時やシルバーもゴールドもつけておきたい時がある!という指輪大好き女子さんでもネイルとのバランスを考えずにつけられます。

 

ファッションやメイクはどうしても寒色or暖色、またはヌードカラーに抑えておく、という方でも、ネイルは別!幅広く欲張りにカラーを持っておくと、様々なシーンに使え、組み合わせの幅もグッと広がります。

あまり色で毛嫌いせず、小さめのネイルポリッシュを多めに持っておくと便利ですよ♪

 

 

いかがでしたでしょうか?

手元のオシャレは指輪とネイル。その2つがピッタリ合ってこそ思わず「惹かれる」手先になる事ができるんですね。

是非この機会に、指輪とネイルのバランスを見直してみて下さいね。



関連記事

・メイクポーチを選ぶ☆おすすめポーチ特集

・衣替えで美人度が決まる!整理整頓術を公開☆

・つける指によって違う!指輪をはめるそれぞれの指の意味