秋の夜は読書に最適♪ 気温も下がって過ごしやすく、家でゆっくりと温かい飲み物を飲みながらの読書も良いもんですよね。 お金をかけなくても、1冊の本で様々な旅に連れて行ってくれる読書。 思わず読み入ってしまうおすすめの本をご紹介します♪

原田マハ「本日はお日柄もよく」


 

出典:www.instagram.com

 

−言葉には世界を変える力がある−。

ふとした事から「スピーチライター」という、これまで出会ったことのない職業に出会った主人公、ふたば。

やがてその言葉の持つ力に魅せられ成長していく物語。

 

働いている女性に一度は読んでもらいたい1作です。

何かを変えることってとても難しいけれど、私たちが日常で普通に使っている言葉を少し意識するだけで、いろんな可能性が生まれるのではないかと思える作品です。

 

七月隆文「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」


 

出典:www.instagram.com

 

福士蒼汰・小松菜奈による実写映画化が決定している「僕は昨日の君に恋をする」。

不思議な感覚はありつつも、よくある恋愛小説かと思えばストーリーの途中で激変。

彼女に隠された秘密に心が苦しくなる作品です。

心地の良い涙がすっと流れて来るような、爽やかな作品です。

 

有川浩「図書館戦争」


 

出典:www.instagram.com

 

とにかくきゅんきゅんしたい人におすすめなのが有川浩作品。

その中でもシリーズ化されており、長い秋にじっくり楽しめるのが、映画化もされた「図書館戦争」。

言語を統制される世界で、言論の自由を守るために戦う図書隊の物語。

その中で主人公の郁と想いを寄せる上官との恋愛ストーリーです。

 

賛否が別れる作品ではありますが、胸焼けする程のくすぐったい恋愛が読みたい方におすすめです。

 

西加奈子「きいろいゾウ」


 

出典:instagram.com

 

「ムコさん」「ツマ」とお互いを呼び合う若夫婦が、田舎暮らしを始める事から始めるストーリー。

背中に大きなタトゥーを持つ「ムコさん」と、過剰なエネルギーに溢れるあまりに周囲の生き物の声が聞こえてしまうという特殊な能力を持った「ツマ」。

 

ほのぼのとした田舎暮らしも羨ましいながらに、こんな夫婦になりたいなと思わせる温かい話です。

人として大切にしたいものが見えて来る作品です。

 

中田永一「吉祥寺の朝比奈くん」


 

出典:www.instagram.com

 

恋愛小説の中でもミステリー要素が含まれた、新鮮な小説。

5本の短編小説が入っていて、さくっと読みやすいのも特徴です。

短編小説で全ての物語が面白いというのも、さすが中田永一と言ったところです。

 

乾くるみ「イニシエーション・ラブ」


 

出典:www.instagram.com

 

この小説のキャッチコピーは「必ず2回読みたくなる」。

合コンで出会った男女の恋愛小説、と思いきや最後から2行目で全てがひっくり返る。

 

文章に自分が騙されるという新しい感覚は必見です。

こちらも映画化されており、小説→映画の流れで見るのも楽しいですよね♪

 

東野圭吾「恋のゴンドラ」


 

出典:www.instagram.com

 

読みやすさと面白さが間違いない東野圭吾作品。

 

冬のスキー場を舞台にした恋愛がテーマのミステリー。

11月1日発売の最新作です。

 

「この恋の行方は天国か地獄か」。

東野圭吾ファンは是非チェックしたい新刊です!

 

東野圭吾「秘密」


 

出典:www.instagram.com

 

ミステリーであり、恋愛小説でもある東野圭吾の傑作。

 

妻と娘の2人を乗せたバスが崖から転落。

亡くなった妻の魂が小学5年生の娘に宿るという、不思議な現象が起こります。

その日から不思議な生活が始まります。

夫婦なのに、親子として暮らす事にした2人に待ち受けるもの、とは。

 

 

いかがでしたか?

温かい飲み物をゆっくり飲みながら、温かい部屋で読書。

どこかへ出かけなくても、新しい世界を見せてくれる小説。

たまには家でゆっくりと、日頃の疲れを癒してはいかがですか?



関連記事

・女性らしさ抜群! 華奢なデザインが可愛いプチプラリングショップまとめ

・二人の素敵な記録に♡今日から彼とのデート日記、つけてみませんか?

・あなたに似合う色はどれ?パーソナルカラー診断のススメ